占いツクール
検索窓
今日:154 hit、昨日:194 hit、合計:166,682 hit

# 14 ページ14














亜「えっとね〜態度がよそよそしい。」

「ん〜スマホの暗証番号が4桁以上とか?」








亜「それそれ! 他は…あるかな…何かある?」

「ていうか、私達何の言い合いしてるの?笑」









不倫あるある、そんな事を亜嵐が口にした。









亜嵐も十分悲しかったんだって。

瞳がそんな色だから…。









傷付いてないよ、私。









そんな事、口が裂けても言えないよ。









どこまでも誰かに仕組まれてる感じがしたり

変な憶測が頭の中を巡っている。









亜「あっ、見て!! これとかどうよ?」

「ん…? あっ…亜嵐…手…」

亜「えっ、何?」






持ちすぎだよ…。

…1、2、3…全部これ、私が着るの?






亜「はい、とっとと試着室行きなさい。」

「えっ、ちょ、ちょっ!!」







亜嵐がカーテンを乱暴に閉めた。







まずは目に付いた、パステルピンクの膝丈を

手に取って試着してみた。





もうちょっと若い子の方が似合うんじゃ…








「亜嵐…?」








隙間から顔だけをヒョイッと出してみる。







亜「ん? もう来たの?」

「…う、うん…。」

亜「見せて。」









ゆっくりと亜嵐の前に立った。









亜「ん〜チョイス間違えた! それダメ!!」

「へっ?」

亜「はい、次!!」








こんなに笑ったの久しぶりだよ。

涼太といると、いつも息が詰まっちゃうんだ。

# 15→←# 13



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (197 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
830人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , 片寄涼太 , 白濱亜嵐   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

栞奈(プロフ) - shuukaさん» ありがとうございます♪ 是非、楽しみに待っていて下さいね♪ shuuka様大好きです。゜(゜´Д`゜)゜。 (9月12日 19時) (レス) id: cf457ede17 (このIDを非表示/違反報告)
shuuka(プロフ) - いえいえ〜私も感謝しております^^新作も楽しみにしてます!! (9月12日 18時) (レス) id: 4dbc1de551 (このIDを非表示/違反報告)
栞奈(プロフ) - もえさん» コメントありがとうございます(^ー^*) もえ様♪ いつもありがとうございます♪ はい、パスワードは外させて頂きました(^ー^*) わざわざお問い合わせ頂き、ありがとうございました♪ 是非、お読みになって下さいね♪ (9月12日 2時) (レス) id: cf457ede17 (このIDを非表示/違反報告)
栞奈(プロフ) - shuukaさん» shuuka様〜♪ こんな所にもコメントして下さっていたのですね(^ー^*) やはりshuuka様には感謝です。゜(゜´Д`゜)゜。 この作品を最後まで応援して頂き、ホントにありがとうございました。゜(゜´Д`゜)゜。 ホントに感謝しております♪ (9月12日 2時) (レス) id: cf457ede17 (このIDを非表示/違反報告)
栞奈(プロフ) - 佐野琴吏さん» ありがとうございます。゜(゜´Д`゜)゜。 そんな私にはもったいのないお言葉を何度も何度も掛けて下さって………(>_<) ホントにこの作品を制作出来て良かったと思いました(;´Д`) (9月12日 2時) (レス) id: cf457ede17 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:栞奈 | 作成日時:2018年8月14日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。