占いツクール
検索窓
今日:73 hit、昨日:73 hit、合計:41,480 hit

34. ページ34






「…えっ?」

思わず出た声は腑抜けていた。



村上くんのくりくりな目に見つめられて
その中に吸い込まれていきそう。



村「っあー…今言うつもりなかったのに言うてもうた…」

村上くんは恥ずかしそうに俯きながら、襟足をくしゃくしゃっと掻き回す。


私はと言うと、今起きていることがどうも信じられない。


村「俺さ…多分中学ん時からAちゃんのこと気になっとったわ。

いっぱい食べるとこ見てて、かわええなーおもてたし」


「…っそんな」


村「だから尚更今になって態度変えた奴らが気に食わんねん」


「…うん…」


村「…えらい困惑しとるな、笑
俺が好きなんバレてるかなー思っとったのに」


村上くんは少し困ったように笑った。

眉毛を下げて、少し切なそうに。




早く、私も自分の気持ち、伝えなくちゃ。




ついさっきまでは村上くんを一途に想うだけで十分だと思っていた。

とにかく大好きで、
いつでも私を助けてくれるスーパーマンで、
人気者で、

…でも、少し遠い存在だなって。



本当、人生何が起こるかわからない。



「村上くん…
私も、村上くんのこと好き、だよ」




私がそう口にした途端、村上くんの口角はぐんっと上がった。



村「っほんまか!?」

「っふふ、ほんま、だよ、笑」

村「あかん、やばい…
めっちゃ嬉しい」


口を押さえて目を丸くする村上くんがとても愛おしい。



「これからよろしくお願いします」

村「おう、よろしゅうな!
あかん、むっちゃ幸せやわ!」

「っふふ、喜びすぎ、笑」

村「やって俺がどんだけ同窓会の日から悩んでたか知っとるんか?!」

「悩んでたの?」

村「連絡こうへんし、かと言ってこっちから連絡してウザがられたら嫌やし思ってしんどかったんやから!」

「私だって連絡来ないの辛かったよ?」

村「んなもんこれからしまくるやないか!」



相当テンションが上がったのか、ずっと語尾にはびっくりマークがつくほどの勢い。




35→←33.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (91 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
270人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 村上信五 , ピュアラブ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

樹凛(プロフ) - やんさん» コメントありがとうございます。本当にモチベーションに繋がるので感謝しかないです(;;)村上さん話また描く予定ですのでこれからもよろしくお願いします! (1月9日 2時) (レス) id: 1075a57e8f (このIDを非表示/違反報告)
やん(プロフ) - 今回もすごくキュンキュンしました!また村上くんのお話お願いします!いつも楽しみにしています!よろしくお願いします! (1月8日 22時) (レス) id: 251f0f2ecb (このIDを非表示/違反報告)
樹凛(プロフ) - やんさん» 嬉しいお言葉ありがとうございます!応援よろしくお願いします^^ (11月9日 11時) (レス) id: 1075a57e8f (このIDを非表示/違反報告)
やん(プロフ) - 前回の作品、おもしろかったです!今回も楽しみにしています! (11月8日 18時) (レス) id: 251f0f2ecb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:樹凛 | 作成日時:2020年11月8日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。