占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:89 hit、合計:41,134 hit

33. ページ33






嫌だ

同窓会で知り合った男子と遊び散らかしてるなんて勘違いされたくない

裕樹君から電話が来てるなんて、知られたくない。



そんな私の気も知らず、村上君はあっさり私の手から携帯を奪い取った。

そしてそのまま電話を耳に当てる。


「っちょ…!」


村「おう…裕樹か?」

村「そうそう、今Aちゃんとおる」

村「っは、なんでそんなんお前に言わなあかんねん、笑」

村「はいはいわぁーったから。
もう電話してくんなよ??」

村「はいはい、ほなら〜」



村上くんはチラチラと私の様子を確認しながら電話を終えた。



「…村上くん…」

村「勝手に出てごめんやで。
…でも携帯見た時のAちゃんの顔曇っとったから嫌なんかな思って」

「…裕樹君、あんまり喋ったことなかったから」

村「…こいつと喋りたかった?」



そう言う村上くんの表情は少し切なそうな様子で。



「っううん、…出てくれて助かったって思ってる」

村「いや…
ごめん、こんなん言わしたい訳ちゃうのに」

「本音だから大丈夫だよ」

村「…ほんなら俺も本音言うてええ?」


突然、村上くんはかしこまったように私の方に向き直る。

二人の間に緊張の空気が走った。





村「Aちゃんが痩せたからっていきなりこんな態度変えてくる奴やめとき。
こんなんAちゃん幸せなられへんやん」

「…」
 

村「同窓会の日も二次会で男子らがAちゃんとLINE交換したんめっちゃ自慢しとったけど…

むっちゃ腹立ったわ。
こいつらなんやねん、中学ん時そんなん言うてなかったやんけって」


「…うん…」


村「知らん間にAちゃんとそこらの男子が付き合ってたらどうしようって思ったわ」


「…」




村「…多分ただの嫉妬やろなこれ。

俺、Aちゃんのこと好きなんやわ」






34.→←32.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (91 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
270人がお気に入り
設定キーワード:関ジャニ∞ , 村上信五 , ピュアラブ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

樹凛(プロフ) - やんさん» コメントありがとうございます。本当にモチベーションに繋がるので感謝しかないです(;;)村上さん話また描く予定ですのでこれからもよろしくお願いします! (1月9日 2時) (レス) id: 1075a57e8f (このIDを非表示/違反報告)
やん(プロフ) - 今回もすごくキュンキュンしました!また村上くんのお話お願いします!いつも楽しみにしています!よろしくお願いします! (1月8日 22時) (レス) id: 251f0f2ecb (このIDを非表示/違反報告)
樹凛(プロフ) - やんさん» 嬉しいお言葉ありがとうございます!応援よろしくお願いします^^ (11月9日 11時) (レス) id: 1075a57e8f (このIDを非表示/違反報告)
やん(プロフ) - 前回の作品、おもしろかったです!今回も楽しみにしています! (11月8日 18時) (レス) id: 251f0f2ecb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:樹凛 | 作成日時:2020年11月8日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。