占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:3 hit、合計:5,636 hit

《時渡編》 ページ16

森の深くで爆発音が鳴り響いた

どれだけこの自然を壊せば気がすむんだよ

なんて心の中で愚痴りつつ、スピードを上げた

後ろからカイリューとその背中に乗ったクロが迫ってくる

モンスターボール…いや、あれはダークボール

そこから出てきたのはムクホークだ


「イーブイ、スピードスターお願い」


後ろに向き直り、イーブイを空中に放つ

飛んだイーブイはスピードスターをうち、私の胸へ

そして肩にのりなおし私も前に向き直る

技は命中し、ムクホークは地面に落ちた

すぐに起き上がってまた追いかけてくるんだろうな


「あ、いた」


思わず立ち止まってそこを見つめる

リングマが倒れていた

ナゾノクサやオオタチまでもが地面に倒れていた

そこら辺一帯の木も倒れている

そしてセレビィはというと

倒れているリングマの目の前に立ってその光景を見下ろしているポケモン

バンギラスに抱えられていた


「セレビィ!」


状況を頭の中で整理し、やっとの事で声を出す

やばい

状況が不利すぎる

後ろからはムクホークとカイリュー

前にはバンギラス

しかもセレビィは捕らえられていて


「イーブイ…バンギラスから取り戻そう」


今の目標を定める

頷いたイーブイは、私の方から降りる

さぁ、どうしようか

《時渡編》→←《時渡編》



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (25 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
31人がお気に入り
設定キーワード:ポケモン , 女主   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:重刄 | 作成日時:2019年10月29日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。