占いツクール
検索窓
今日:36 hit、昨日:204 hit、合計:53,850 hit

6 ページ7

:









「東京、京都共に人的被害は甚大です。が、幸いにも一般人の被害報告は上がっていません。呪詛師、夏油により襲撃された東京校の生徒も現在高専内で療養中であり…―」




「捕獲した夏油の共犯者への尋問は…―」




「夏油傑が所有していた多数の呪霊の管理の件ですが…―」




「捜索中の夏油傑の遺体を…―」









先日の事件の被害報告をするため、
負傷していない術師は数名東京校へ派遣された。

それぞれが持ち寄った情報は綺麗に整理され、
呪詛師、夏油傑が行った百鬼夜行がいかに残虐、非道であったかが露わになっていった。





ここに居る誰もが彼を恨み、
彼の死に胸をなでおろす。





『…。』






ホワイトボードに貼られた、
まだ呪術師だった頃の写真。


大きな手の感触。熱。声。
息をするように嘘を吐く口。

決して忘れることのできない何もかもが、
時間が経つごとに押し寄せてくる。









「遅刻だぞ、悟。」


「………。」









ただ俯いて、滞りなく進んでいく会議の終わりを待っていると、
終了間近になってゆっくりとドアが開いた。



現われた彼は、咎める声など少しも耳に入れず席に座る。









「あとはお前の報告だけだ。」


「…報告?もうしたでしょ。僕が傑を殺した。」







「遺体は?」


「知らないよ。」









あからさまに不穏な呪術師達の視線も意に介さず、
淡々と投げかけられる質問に答えていく悟さん。

大きな溜息を吐いた夜蛾学長が場を鎮め、
消化しきらない怒りを抱えたまま会議は終わりに向かっていった。









「今日のところはここまでにする。次回の召集は追って連絡する。他に何もなければ解散に、…………なんだ?」









解散の合図が流れかけたその時。

私の隣に座る、同じく京都から派遣された術師の一人が手を挙げる。






全員の視線が集まる中、
彼女の指先がゆっくりと私の方を指した。







































「杠Aは、夏油傑の共犯者の可能性があります。」

7→←5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (228 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
702人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 五条悟 , 夏油傑
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ウミナミ(プロフ) - 展開や丁寧な文法に魅入ってしまいました…!好きです! (2月24日 11時) (レス) id: 20cf3f5f40 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 更新楽しみにしています! (2月2日 4時) (レス) id: bfa0e31481 (このIDを非表示/違反報告)
レネット(プロフ) - 好きです… (1月17日 16時) (レス) id: ec8ec8961f (このIDを非表示/違反報告)
酒井 - 更新楽しみにしてます! (1月14日 17時) (レス) id: a5077b13d9 (このIDを非表示/違反報告)
ほし - 新作もめちゃくちゃ好きです。無理なさらず頑張ってください! (1月13日 22時) (レス) id: 6dcdb3b145 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2021年1月13日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。