占いツクール
検索窓
今日:34 hit、昨日:175 hit、合計:55,480 hit

1 ページ2

:









初めて会ったのは、まだ幼い子どもだったころ。
大人に囲まれた貴方を、遠くから眺めていた。

そこに私を連れて行った父は偉く興奮して、
私にあの方の子を産み、自分をあの輪の中に加えるよう言い聞かせた。





それからすぐに、
私を産んだのは五条家と悟様のためだと教えられた。

妻は子どもを作れなかったから、
呪術師の才があったが家系に恵まれなかった女を侍女に迎えた、と。



顔も、声も、名前すら知らない私の母。

私を産み、半年が経った時
夫の裏切りに耐えられなかった義理の母に殺された人。


私に呪術師の才能だけを置いて逝ってしまった。





呪術師として有望なほど、
私は五条悟の妻に相応しいと認められる。

そうすればいずれ数多いる許嫁の内に加わり、
運が良ければ五条家に嫁ぎ、ご子息を産む。
杠家の地位は格段に高くなる。




私を形作る全ては、
五条悟というあの男のためにあると言い聞かされた。


振舞い、言葉遣いから思考に至るまで、
ただあの人に気に入られるようにと。









七つの誕生日を迎え、
私に相伝の式神使いの適性が分かったとき、
私は名簿の一番上に名を挙げられた。

共に杠家は分家の末席から中枢へ。
父は喜び、初めて私の頭を撫で、褒めた。







































次に会ったのは東京校で行われた交流会。
二つ年上の貴方は、
何か暇潰しになるものを探すように私たちの前に顔を見せた。

帰り際に見たのは、
貴方の許嫁であることを理由に私を嫌う先輩と抱き合い、口付け合う後ろ姿。








張り詰めていた糸が切れたように、
途端に体の力が抜けていった。



私がこの世にある理由だった貴方は、
こんなにも軽薄で。

その稀有な瞳に私は写ってすらいないのだと思った。








五条悟の子を産み、五条家の安泰を叶えてしまえば、

私も、記憶にすらない母のように
用が済んでしまう女なのだ。






素晴らしい力と瞳を持ち、
強い者に持て囃され、弱い者を魅了する。
呪術界の将来を背負い、
牽引していく貴方は




私にとって、何より耐え難い”箍”となった。

2→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (232 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
693人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 五条悟 , 夏油傑
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ウミナミ(プロフ) - 展開や丁寧な文法に魅入ってしまいました…!好きです! (2月24日 11時) (レス) id: 20cf3f5f40 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 更新楽しみにしています! (2月2日 4時) (レス) id: bfa0e31481 (このIDを非表示/違反報告)
レネット(プロフ) - 好きです… (1月17日 16時) (レス) id: ec8ec8961f (このIDを非表示/違反報告)
酒井 - 更新楽しみにしてます! (1月14日 17時) (レス) id: a5077b13d9 (このIDを非表示/違反報告)
ほし - 新作もめちゃくちゃ好きです。無理なさらず頑張ってください! (1月13日 22時) (レス) id: 6dcdb3b145 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2021年1月13日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。