占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:219 hit
| CSS おや、これは……お客様でございますか。

姫がご招待なさったのですね。

え?私が誰かって?

申し遅れました。私は、眠り姫にお仕えしている妖精。

姫の秘密の花園を守っております。

この花園の花達は、姫の思い出を守っています。

どうぞ触って見てください。姫様の思い出が御覧に慣れます。

中央に、屋根の付いた建物が在るでしょう?

彼処で、我々がお守りしている麗しい姫様が眠っておられます。

そろそろお目覚めになって、花園を巡られるでしょう。

あ、くれぐれも、姫に話しかけぬように。

そんなことをすれば、姫がお目覚めあそばされて、貴方は一生闇の中。

では、これだけは気をつけて。どうぞお楽しみ下さい_____。

ーーーー

【流星群シンドローム】の派生作品です。

CSSは蒼紫様からお借りしました!
【反映日…11/23】執筆状態:連載中






おもしろ度の評価
  • Currently 1.00/10

点数: 1.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
設定キーワード:流星群シンドローム , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:かいs | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/Aguri/  
作成日時:2018年10月31日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。