占いツクール
検索窓
今日:83 hit、昨日:366 hit、合計:107,602 hit

ページ20

·

照「ふっかって言いだしたのはたぶんおれだと思うけど、りゆうまでは…。りょーたおぼえてる?」

涼「いや、まったく。たいがは?」

京「しらなーい。」

涼「だよなあ…」

ジ「ひかるが来た時、もう慎太郎はいたんでしょ?慎太郎に聞いてみれば?」

佐「それだ!ジェシーナイス!」

ジ「でもその前に!今帰ってきた子たちは手洗いうがいすること!」


はーい!と声を揃えて、我先にと洗面所へ駆けていった七人の子どもたちとジェシーくんを見送る。少しの間水の音が聞こえたと思ったら今度はその足音がこちらへ、というより晩ご飯の準備のためキッチンにいた慎太郎くんの元へ。


慎「なになに?!どうした?!」


案の定戸惑う慎太郎くん。それもそのはず、計十人の子どもたちとジェシーくんが急に走ってきたのである。話を切り出したのはやはりさっくんだった。


佐「しんたろーはなんでふっかがふっかなのか知ってる?」

慎「ん?どういうこと?」


…うん、そうだろうな。さっきよりは幾分かマシだと思うがやっぱり伝わらなかったらしい。先ほどと同様、しょーたが説明を加える。


慎「…ああ、そういうこと。ひかるは覚えてないの?」

照「うん。おれが言いはじめたっていうのは分かるけど…。」

慎「ひかる、ふっかはふわふわしてるから!って言ってた。」


その言葉を聞いて「ああ、」と納得したような表情のひかると、たつ本人を含む、頭にはてなマークを浮かべた俺たち。すっきりしたような顔で俺たちが出しっぱなしにしていたゲームを片付け始めるひかるに対し、たつが慎太郎くんに詰め寄る。


辰「え、どういうこと?おれってふわふわしてんの?てかふわふわしてるってなに?」

慎「さあ?ひかるに聞いてみな。」

そう言って柔らかく微笑む慎太郎くんは、その意味を分かってるような様子だった。一方、たくさんの兄弟たちに追い回されているひかるは「おれがわかってればいーの!」なんて言いながら笑っている。どうやら誰にも教えるつもりは無いらしい。

となると、その言葉の意味を知っているのは他に慎太郎くんしかいない。そこで子どもたちを寝かせたあとジェシーくんと二人で慎太郎くんの部屋を訪ねた。ノックのあとの返事を聞いてから部屋に入る。


慎「ふわふわ、の意味でしょ?」


やっぱり来ると思った、なんて笑う慎太郎くんには俺たちの行動なんてお見通しだったらしい。

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (125 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
555人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , SixTONES , 子供
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らいち(プロフ) - はるるさん» ほんとですか!よかったです!またお待ちしてます! (2月12日 22時) (レス) id: 12a72ac037 (このIDを非表示/違反報告)
はるる(プロフ) - すごく良かったです!本当にありがとうございます。また機会があればお願いします! (2月12日 21時) (レス) id: ae2a42d7c3 (このIDを非表示/違反報告)
らいち(プロフ) - ドリチャさん» 了解です!気長にお待ちいただけると幸いです! (2月10日 23時) (レス) id: 12a72ac037 (このIDを非表示/違反報告)
ドリチャ(プロフ) - リクエストお願いします!翔太くんがみんなに嫌われる夢を見て、昔みたいに心を閉ざしちゃったのを唯一心を開いている舘さんが話を聞いて抱きしめて慰めるお話がみたいです!よろしくお願いします! (2月10日 22時) (レス) id: 4c61a442d0 (このIDを非表示/違反報告)
らいち(プロフ) - いちごみかん。さん» 了解しました!少しお待たせするかも知れませんが、書きます!(調べるとこからなので…) (2月10日 21時) (レス) id: 12a72ac037 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:らいち | 作成日時:2020年1月29日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。