占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:9,818 hit

体操着を借りに -二口side- ページ4

*二口side*





あのあと、余裕で遅刻した俺達。


学校に着いた頃にはもう、1限開始から30分も経っていた。


もちろん、俺はこっぴどく叱られた。





友達「おい、二口ー!今日は何で遅刻したんだよww」





二「妹と朝ご飯食ってたら遅刻した。


で、学校まで2けつしてきた!」





友達「いや、バカじゃねぇの!?」





友達「そして安定の妹厨」





友人と遅刻の原因なんかを話していると、授業の終わりを告げるチャイムが鳴った。


休憩時間になり、騒がしくなる教室。


そんなとき、より一層騒がしくなった教室。


なんだよ、うるせぇなー!





貴「お兄ちゃん!」





二「ぅえっ!?」





Aの声が聞こえて、肩がビクリッと跳ね上がった。





貴「お兄ちゃん!!これ、お弁当!あとね、体操着貸してほしいの!」





二「お前!こんな飢えた狼の巣窟に1人で来んじゃねぇよバカ!!」





弁当を受け取りながら、Aを叱る。


コイツのこういうとこ、ホント心配になる!





貴「だって、体操着忘れちゃったんだもん!」





二「あー、わかったわかった!半袖と短パンも?」





自分のロッカーに歩いていき、体操着を取り出す。





貴「うん!あと、長袖!長ズボンはなくていいや!」





二「今日の体育 何すんの?」





貴「今日はバスケだよ!試合するんだ!


あ、ありがと!お兄ちゃん!」





体操着を受け取って、ニコッと笑うA。





二「ほら、教室戻るんだろ?便所行くついでに送ってってやるから、行くぞー」





Aを肩に担いで教室を出る。





貴「あーー!卑怯だぞ、お兄ちゃん!あたしを担ぐなんて!走れないじゃん!」





俺に担がれながらも、ジタバタと暴れるA。


これ以上、あんな危険な場所に置いとくわけにはいかない。





二「Aー、暴れるとパンツ見えんぞ」





貴「なんと!大人しくするから落とさないでね、お兄ちゃん!」





俺の言葉で大人しくなるA。


可愛いすぎんのも、かなりの問題だな。


授業に遅れないよう、少し駆け足で廊下を進んだ。

続く お気に入り登録で更新をチェックしよう!

最終更新日から一ヶ月以上経過しています
作品の状態報告にご協力下さい
更新停止している| 完結している



←遅刻 -二口side-



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (53 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
95人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 二口堅治 , 伊達工業
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

塩キャラメル(プロフ) - 親方さん» お返事が遅くなってしまい申し訳ありません!喜んで頂けてよかったです!これからも少しずつ更新頑張りますので、よろしくお願いします! (12月4日 8時) (レス) id: 9d1af86836 (このIDを非表示/違反報告)
親方(プロフ) - 面白いです!にろちゃんの妹とかもう死んじゃいます←続き楽しみにしてます!! (2016年4月9日 9時) (レス) id: ab02d9db7c (このIDを非表示/違反報告)
塩キャラメル(プロフ) - 秋紀*日奈さん» いえいえ、こちらこそリクエストありがとうございました!及川さんと同じ感じになってしまったのですが、ここは直してとか変えてほしいという所があったら遠慮なく言ってくださいね!!更新頑張ります!!!! (2016年3月21日 22時) (レス) id: 9a55312718 (このIDを非表示/違反報告)
秋紀*日奈(プロフ) - 塩キャラメル様!!リクエストに答えていただき、ありがとうございます!やっぱり及川さんと同じ感じですねww 及川さんの小説も、にろの小説も更新頑張ってください!毎回見ます!!(*`∀´) (2016年3月21日 21時) (レス) id: 8dd5b17f5a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:塩キャラメル | 作成日時:2016年3月21日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。