検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:141 hit
「ブルーロック?え、陰キャ系ポジなのよね、僕」


「お、ゴール……?」




「えええええ?ちょ、これテキトーにシュート入れただけなんよ」



これは、天才型陰キャ系男子がブルーロックに行く話……

「説明そのまんま過ぎな」


―――――
・パクリじゃないです。同じような作品あったら教えてください
・パクリ、荒らし、悪口等はおやめください


ちょっとでも地雷と思ったら今すぐUターン!

読者も半分くらい減ったところで、
レッツ、ゴー!執筆状態:連載中




おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:伊集院 有透 | 作成日時:2023年7月24日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。