占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:9 hit、合計:9,322 hit

121話 ページ26

(ああ、本当に最悪)



片付けに向かうとフランシスと他に見知った顔が二人いて、ああ他の手伝いとは彼らだったのかと納得すると同時に息巻いていた気持ちが失せていく。それは相手も同じで、片方にAのことを聞かれたので休憩中とだけ答えておいた。警戒の残る奴らに詳しく教えてやる義理もなかったしね。
それから大量に重なった皿の山を全員で汗までかきながら捌いて、フロアの掃除をして、フランシスからサインを貰って…それだけで1時間ぐらいかかったのだ。ローデリヒなんて頭から火を噴きそうなくらいぽこぽこと怒っていて、どうやら慣れない作業や汚れに対しての怒りが抑えられないようだった。
頼まれていたことが全部終わって、俺はそれからすぐにAの元に向かいたかったんだ。でもアントーニョに引き止められてしまった。向こうは俺の急いでいる雰囲気がわかってたはずなんだ。なのにてんで身のない話をしばらくうだうだと続けられて、俺のいらいらが頂点に達しそうになった時に、ようやく解放してもらった。本当に無駄話だった。今年のトマトの状態の話なんて今することかい?

そうしてようやく走ってAのいる部屋へと来れたわけだ。
待たせてしまったから彼が怒っていることも想定しつつ、さっさとここから帰りたい気持ちでいっぱいになる。そして勢いそのまま、扉を開けた。



「A、ようやく終わったから一緒に帰るんだぞ!」



ばあん、と遠慮のない音がただ響く。フランシスがもしこの場にいたならばきっと女の子みたいに怒っていただろう。
だけど、俺の期待には反して、望んだ声はいつまで経っても聞こえてこなかった。



「…A?」



不思議に思ってソファを見やる。そこには既に誰もおらず、空っぽになったペットボトルが机の上に一つ置いてあるだけだった。部屋を見渡す。人が隠れている様子はない。
変だな、とは思った。だけど彼が俺を置いて先に帰ってしまった可能性が有り得たから、違和感と憤慨の念を覚えつつもひとまず俺も帰ることにしたのだ。

ばかA。片付けのことも君の代理を果たしたことも自慢したかったのに。女の子たちに囲まれて疲れてしまったから、やっぱりAと一緒にいるのが楽だと訴えて、それから愚痴や今日あった出来事を話したかった。それなのに、心配しているって言ったのに先に帰るなんてありえない。

そして俺は一晩中事務所で彼の帰りを待っていた。
結局、その日Aは帰ってはこなかったけれど。

番外編【記念リクエスト】→←120話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (57 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
110人がお気に入り
設定キーワード:男主 , ヘタリア , APH   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

m(プロフ) - fです。いつでも気長に更新待っています! (11月13日 5時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» 本当に泣きました。ありがとうございます。がんばります! (4月20日 9時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 何度も繰り返しているからこんな素敵な作品になるんですね!この作品に出会えて、読むことができるなんて幸せ...最高.....!好きなのでどれだけ掛かっても大丈夫ですよ!頑張ってください! (4月17日 22時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» f様、度々応援のお言葉ありがとうございます。自分は一度に一気に更新することが苦手で、何度も何度も編集を繰り返してしまうのですが、そのお言葉にとても救われました。ゆっくりにはなってしまいますが、これからもよろしくお願いします。 (4月17日 1時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 久々の更新でわくわく...!!気長に待ってます!頑張ってくださいいつも応援してます! (4月15日 2時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:そうる | 作成日時:2018年1月9日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。