占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:9 hit、合計:9,329 hit

99話 ページ3

「なんか、ごめんなあ?」

「いえ………大丈夫っす…」



優しい手つきで数度背中をさすられて、ようやく俺も落ち着いてきた。
吐瀉物は近所の方にホースを借りて、どうにかして綺麗さっぱり流しきった。さすがにあれを放置して帰るだけの度胸は無かったし、日焼けの眩しい彼もなんやかんや手伝ってくれた。どうやらいい人そうで安心する。最初恐らく俺を心配して声をかけてくれたんだろうし…
ただ飛び退きながら「何してんねん!?」と叫んでいたのは聞き逃さなかったけれども。お前のせいだばかやろー。

がんがんとした頭の揺れはまだ収まる気配は無いが、腹の中身を出してすっきりしたので幾分か気分は楽になった。
落ち着くために座った歩道の向こう側には海が見える。フェンスの仕切りに寄りかかり、潮風を浴びるのが心地良い。遠くで船が汽笛を鳴らす音も聞こえる。

俺の面倒を見てくれたその人は、自分の名前を「アントーニョ」と名乗った。



「ほんとはな、アントーニョ・ヘルナンデス・カリエドっちゅう名前なんやけど、長ったらしいしなあ。」



だからアントーニョでええよ!と白い歯を見せて笑うその人は笑顔が眩しい。くっ、歯が輝いている。
茶色の柔らかそうなくせ毛に新緑を溶かしたような綺麗な瞳、焼けた肌、男らしく逞しい腕。痩せ型に見えるが案外がっしりとしている様子。そんな彼の仕事を尋ねると、農家さんだそうだ。どうやら畑仕事からの帰りらしく、服や靴にはところどころ泥はねが模様を作っていた。



「あんたの名前は?」

「あ、俺、Aっていいます。橘A。」

「あ、もしかして自分生まれはごっつ東の方やろ、その名前からして。」

「よく分かりましたね?」

「商売相手が海の向こうにもおってなあ。そいつもそんな感じの名前しとったわ。」



どうだ、とでも言わんばかりの表情に、若干警戒していた感情も解けてゆく。
アントーニョは俺にその右手を差し出した。どういう意味なのかわからずに首を傾げたが、この動作が示す行動は一つしかない。慌てて彼の手を掴むと、そのままぶんぶんと数度振られた。



「ま、これで会ったのも何かの縁やろ!またタチバナちゃんが酔っ払ってるかもしれへんしな!」

「さすがにこのレベルはもう勘弁したいっす…」



よろしく、と笑うアントーニョの髪が太陽に照らされてキラキラと光る。
俺はこんなに神様に愛された人間がいるのかと、ただ彼を見つめていた。

100話→←98話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (57 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
110人がお気に入り
設定キーワード:男主 , ヘタリア , APH   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

m(プロフ) - fです。いつでも気長に更新待っています! (11月13日 5時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» 本当に泣きました。ありがとうございます。がんばります! (4月20日 9時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 何度も繰り返しているからこんな素敵な作品になるんですね!この作品に出会えて、読むことができるなんて幸せ...最高.....!好きなのでどれだけ掛かっても大丈夫ですよ!頑張ってください! (4月17日 22時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» f様、度々応援のお言葉ありがとうございます。自分は一度に一気に更新することが苦手で、何度も何度も編集を繰り返してしまうのですが、そのお言葉にとても救われました。ゆっくりにはなってしまいますが、これからもよろしくお願いします。 (4月17日 1時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 久々の更新でわくわく...!!気長に待ってます!頑張ってくださいいつも応援してます! (4月15日 2時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:そうる | 作成日時:2018年1月9日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。