占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:12 hit、合計:8,531 hit

97話 ページ1

顧客との信頼関係は、俺の仕事にかなり影響するところだ。実際、今まで色々と業務の運営をしてきた中で身に染みて実感している。客層は一般人から大罪人まで様々で、アジアで名が知れるまでは幾度と身元の確認をされた。客だって探偵と思い頼った相手が万が一にも詐欺師であったなら、と思うわけである。最近、新天地に来たためか再び身元を確かめられることがまた増えている。

食器を片付ける俺の横では、アルフレッドが新聞を読んでいた。因みにこれは俺が駅で買ったもの。我が家にテレビなんていうハイテクな機会は無い。

その新聞の一面には最近結婚したこの国の王子の写真がでかでかと載っている。身分違いの恋、なんて見出しの踊る記事の内容は、「身分を隠して王子が街に出ていた頃に運命の出会いを果たした」とかなんとか。相手の女性はしがない一般市民である。まさにシンデレラストーリーと言ったところ。

しかしどうやらアルフレッドが熱心に読んでいるのはその項ではなかったようだが、俺はそれにそこそこの興味と親近感を覚えた。



(俺もきっと、こいつからしたなら騙しているに相違無いな。)



ソファに座り目を動かす男のことを、俺は少し知っている。
アーサーさんの従兄弟であり、一軒家に住む彼の両親はとある企業を経営する立場にある。なんならアーサーさんだって今は軍警だが、そのバックには昔からの家柄があった。言うなれば貴族の出だ。その血筋は由緒正しくこの地に根ざす。まあ、要するに金持ちで地位も高いのだ、彼は。
それを調べたのは彼がここへ来るようになってすぐのことである。興味と警戒と、何かあった時のために。俺は未成年のアルフレッドより年上で、そういう責任があるんだと勝手に考えていた。アルフレッドだってきっとそれは理解しているだろう。

そう、一方的に俺はこいつを知っている。



「ねえ、難病の少女が助かった記事が載ってる……多額の寄付がいきなり来たからだって。」

「へえ、良かったな。」

「この女の子、見覚えがある気がするんだけど?」



知ったことか、とアルフレッドの疑念を一蹴する。
小さな記事のその少女の横には兄とその祖父の姿があった。

頭を捻る男から興味を食器棚に移す。
俺はきっとアルフレッドに何かを打ち明けることは無い。寄付金の出処も、何者なのかも。彼が知るのは俺には兄貴が居ること、それだけなのだ。

それにもし、俺の名前すら偽物だと知らせたら、こいつはどんな顔をするんだろうか。

98話→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (53 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
109人がお気に入り
設定キーワード:男主 , ヘタリア , APH   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

そうる(プロフ) - fさん» 本当に泣きました。ありがとうございます。がんばります! (4月20日 9時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 何度も繰り返しているからこんな素敵な作品になるんですね!この作品に出会えて、読むことができるなんて幸せ...最高.....!好きなのでどれだけ掛かっても大丈夫ですよ!頑張ってください! (4月17日 22時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» f様、度々応援のお言葉ありがとうございます。自分は一度に一気に更新することが苦手で、何度も何度も編集を繰り返してしまうのですが、そのお言葉にとても救われました。ゆっくりにはなってしまいますが、これからもよろしくお願いします。 (4月17日 1時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 久々の更新でわくわく...!!気長に待ってます!頑張ってくださいいつも応援してます! (4月15日 2時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» ありがとうございます!f様のような方々のお力があってこそ頑張れます。まだまだ作品は続いていくと思いますが、これからもお付き合いしていただければ嬉しいです。コメントありがとうございました。 (1月15日 10時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:そうる | 作成日時:2018年1月9日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。