占いツクール
検索窓
今日:52 hit、昨日:113 hit、合計:15,327 hit

ページ36







元々わたしはシルクたちとは6人、マサイとは2人で遊んでいた。

わたしは中間にいる立場だからこそ虹にはなれない。


あの日マサイを引き連れてダホちゃんとザカオと一緒に土手に行ったのもわたし。




ということは、わたしは虹を輝かせる空じゃないのか、と。


めっちゃ良いように解釈してんのは重々承知。違うかもしれないけど、そういうことにしておいてください。





7色の虹を輝かせられるのが空の役目ならば、 空として、やれることをやりたい、やらせてほしい。

一回くらい縁の下の力持ちをやらせてほしい、なんて。







「ここにいるみなさんにしか出来ないんです、引き受けてくださいますか?」

ン「・・・・・・でもAは出ないんでしょ、?」

「うん・・・・・・ まぁ、今回は制作者側で参加するかたちにはなるかな」

ペ「、そんな・・・・・・・・・ 」

シ「・・・・・・・・・・・・・・・・やろーぜ、」




なんとも言えない空気を破ったのは、リーダーであるシルクの賛同の一言だった。




モ「えっ・・・・・・、やるの?A出ないのに?」

シ「その社長が直々に企画書持ってきたんだ、やるしかねーだろ?これこそ二度とないチャンスじゃん」

マ「、だけど・・・・・・」

シ「だし、やらねーとか言ってみ?こいつぜってーゴネるから笑」

「ちょっ、はぁあ?!社長に向かって随分な口叩くじゃんコイツ!」









どうやらみんな納得してくれたようでいつもの笑顔に戻った、よかったよかった。






さぁ、明日からまた忙しくなりまっせ。









【16】虹と青空→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.0/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
96人がお気に入り
設定キーワード:Fischer's , フィッシャーズ , マサイ   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:むぅ | 作成日時:2019年5月6日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。