占いツクール
検索窓
今日:25 hit、昨日:35 hit、合計:15,187 hit

ページ17

.





「・・・・・・シルクから聞いたよ」

「・・・・・・・・・・・・」

「それ、治る?」

「、中の配線はやられてなさそうだけどコイツ既に一回ヤラレてっからわかんねぇや」

「・・・・・・・・・・・・・・・ありがとね、マサイたん」

「、なんだよ急に」

「だっていっつも機材のケア任せちゃってんじゃん?」

「それがおれの仕事だから、」

「そうやって大変なことぜんっぶ背負ってくれてありがと」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「わたしもある程度ならできるけど、やっぱ足りない部分が多すぎて力になれないし」





マサイたんは神様だね!

不覚にもその言葉に泣きそうになった。なんだよコイツ、頼むからいつもみたいにヘラヘラしててくれよ。


それからはお互いコーヒーを飲みきるまで一言も交わさなかった。Aは携帯をイジって、おれは涙を抑えつつさっきまでのことを後悔して。気持ちはモヤモヤしてるのに、居心地良い不思議な感覚。





「・・・・・・・・・よし、行こっか」

「・・・・・・・・・・・・・・・」

「なにしょぼくれてんの?言い合いなんてよくあることじゃん!」

「、まぁ・・・・・・・・・・・・」

「シルクもダホちゃんも悪くない、だからマサイも悪くないよ」

「・・・・・・・・・・・・・・」

「ほら、いこ?」





差し出された手を掴んだら心が一気に晴れた気がする。「わたしがついてるから大丈夫」その言葉は間違いなく正論だ。






.

【9】しんれいたいけん→←【8】仲直りの拳を交わすまであと数秒



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.0/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
96人がお気に入り
設定キーワード:Fischer's , フィッシャーズ , マサイ   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:むぅ | 作成日時:2019年5月6日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。