占いツクール
検索窓
今日:3,067 hit、昨日:3,979 hit、合計:55,252 hit

7 ページ7

.


「お疲れ様でした…!」

やっと息苦しい現場から抜け出し、眩しい日を浴びる。
もうお昼か。
漫画を描くことはやっぱり好きだから、時間を忘れられる。
でもやっぱり、自分の作品を作りたい。
自分の時間を、自分のもののために使いたい。
日に日にその思いは強くなる。

クーラーで芯まで冷やされた身体を真夏の太陽が溶かしていく。
家に帰るまでの道のりはあまりに気怠い。
だけど、ふと思い出す平野くんの顔。
人生を器用に楽しんでいそうな、彼の姿。

初めての気持ちが生まれた。
自分から連絡をしてみようって。

【仕事、今終わりました。】

平野くんになら、知ってもらってもいい気がする。
というか、平野くんになら言える。
何がそうさせてるのかは分からないけれど、自然と体が動く。

暫くすると、平野くんから返信が返ってくる。

【迎えに行きます、今どこですか?】

「へっ、」

思っても観なかった返事に、声が漏れてしまう。
返信に戸惑っていたら、着信画面に切り替わって。
私は慌てて電話に出た。

「はっ、はい!」

『お仕事お疲れ様です!今いるところの住所送ってください!』

「えっ、いやでも、」

『じゃあ、待ってます!』

「ちょっ!?」

唐突に切れてしまった電話。
平野くんは私に考える余裕をくれない。
でも、悪い気がしない。
むしろ、なおさら胸が躍り始める。
この先、何が待ってるんだろうって。
疲れなんて吹っ飛んでしまいそうなくらい。

私きっと、今。
胸が高鳴ってる。



.




「お待たせしました、」

「ほ、ホントに来るんですね…」

「あははっ、来るよ!言ったじゃないですか!」

いつも通りの爽やかさで、サングラスを身に着けて。
黒光りする何ともお高そうな車と共に、私の目の前に現れた。
いや、何回でも思ってしまう。
本当に少女漫画からやってきたんじゃないかって。

「はいはい、乗って乗ってー!」

「し、失礼します…!」

.

8→←6



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (139 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
699人がお気に入り
設定キーワード:平野紫耀 , 永瀬廉
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

*咲七波*(プロフ) - Anzu1134さん» コメントありがとうございます!ゆっくりではありますが引き続き読んでくださると嬉しいです!笑 (10月19日 6時) (レス) id: 3d58baab0f (このIDを非表示/違反報告)
Anzu1134(プロフ) - 更新とても楽しみにしています!  頑張ってください! なるべく早めに更新してくれるとありがたいです。 (9月30日 1時) (レス) id: 68bfd8b6e0 (このIDを非表示/違反報告)
*咲七波*(プロフ) - あちゅぴさん» コメントありがとうございます!これからも読んでくださると嬉しいです〜! (9月14日 11時) (レス) id: 3d58baab0f (このIDを非表示/違反報告)
あちゅぴ(プロフ) - このお話とても面白いです!!続きも楽しみにしていますね! (9月13日 18時) (レス) id: 9024cefd53 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:*咲七波* | 作成日時:2019年8月23日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。