占いツクール
検索窓
今日:50 hit、昨日:95 hit、合計:255,876 hit

3話 ページ5

ツナの家に二人の刑事が来ている頃……


米花町にある“毛利探偵事務所”に三人の来客がいた。



1人は、警視庁捜査一課強行犯三係の目暮警部


1人は、目暮の部下…佐藤警部補


最後に、目暮警部の部下で佐藤の恋人…高木巡査だった。


毛利「それで、警部殿…私に相談したいことって何ですか?」


目暮「実はな毛利君…前日、怪盗キッドから予告状が届いたんだ」


毛利「キッドは二課の担当なはず…何で一課である警部殿が…」


佐藤「実は、今回キッドが狙っているのは“ボンゴレリング”と言うものなんです」


毛利「ボンゴレリング?なんすかそれ…」


佐藤「ボンゴレリングとは、マフィアのボスと6人の守護者が代々継承とされる証になるものなんです」


「「「マフィア!!!」」」


平和な日本では聞くこともない組織に話を聞いていた小五郎、蘭そして…キッドキラーである江戸川コナン…三人の声が重なった。



毛利「けっ、警部殿……冗談きついですよ…」


滅多に聞くことのない“マフィア”の言葉に顔を真っ青になる毛利小五郎……


目暮「残念だが毛利君……冗談でも嘘でもないんだ」


佐藤「彼等は、イタリアにある大きな組織で今、ボンゴレリングを所持しているのは
ボンゴレ10代目候補、沢田綱吉君なんです」



佐藤はそう言いながら“沢田綱吉”の写真を毛利に見せた。


毛利「っ!!まだ、子供じゃあないですか…」


写真を見て驚いたのは小五郎だけでなく、蘭やコナンまで驚いていた。

4話→←2話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (45 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
183人がお気に入り
設定キーワード:リボーン , 名探偵コナン , 月の守護者
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もっさん(プロフ) - ルナさん» ご指摘ありがとうございます!たった今直しました! (2018年4月21日 7時) (レス) id: b8e548f9f4 (このIDを非表示/違反報告)
ルナ(プロフ) - 並盛のとこ、未だに“並森”になってます。あと、匣を開ける時は“開口”ではなく“開匣”です。 (2018年4月21日 0時) (レス) id: 9b1390adf3 (このIDを非表示/違反報告)
もっさん(プロフ) - たった今直しました!ありがとうございます!!! (2018年3月8日 18時) (レス) id: b8e548f9f4 (このIDを非表示/違反報告)
プリン - はじめまして!8話の並盛が並森になっていますよ!!!! (2018年3月8日 17時) (レス) id: c6512129c2 (このIDを非表示/違反報告)
立青(プロフ) - もっさんさん» あ、いえそれなら大丈夫ですよ!!ありがとうございます^^続編の更新頑張って下さい! (2017年6月3日 8時) (レス) id: 9c992660d3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もっさん | 作成日時:2017年5月4日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。