占いツクール
検索窓
今日:215 hit、昨日:176 hit、合計:57,748 hit

#異能者 ページ39

ーAsideー


声が聞こえる、なんてそんな中二くさい事は云いたく無いけど事実。
聞こえるのだ。

幼い頃から。



『ほら、例えば彼処』



此処から大体一直線上にある噴水。其処に腰掛ける仲好さそうな家族。



太「あの家族がどうかしたのかい?」

『父親が"助けて"と云ってます。借金…………家族に隠してるみたいですね』

太「どこにだい?」

『マフィアです。武装探偵社の出番ですね』



「仕事が増えたね」なんて笑う太宰さん。
とまぁ、こんな感じに"声"が聴こえる。



『信じます?』



そう問えば太宰さんは少し考え込んでからふっと笑った。
何かおかしい事云った?……全部可笑しいか。
急に声が聴こえる、なんて中ニ臭い事……



太「あぁ、信じるさ。今も聞こえてる?」

『四方八方から』

太「手を出してご覧」

『?』



太宰さんに云われた通り手を出せば、太宰さんは俺の手に少し手を重ねた。
瞬間、


誰かの悲痛な叫び声も、嬉しそうな声も、全てが無になる。



太「まだ聴こえるかい?」



首を横に振る。

聴こえなくなったのだ。今まで聴こえていた声でない別の何かの声が。
俺はもう一度家族を見る。けれど、楽しそうな笑い声が聞こえるだけで"声"は聴こえない。

_____どうなってんだ




太「私の異能は"異能力を無効化"する」




異能の無効化??
異能力についてはヨコハマで何となく噂になっていた、それに修理先がマフィアだとか探偵社だとかで異能はよく目にする。

けれど異能を無効化できる異能なんて聞いたことなかった。しかも其れが太宰さん、だなんて。知らない。




『……』

太「君は"声を聴く"異能力者だ」

『声を……聴く……』

太「君は一般人じゃない、紛れも無い異能者さ」





い、異能力……異能…………?……




『は?』

太「A君のそんな言葉初めて聞いた。」

『俺が異能者ですか?』

太「うん」

『聴こえるのが?異能力……?』





「自覚するのは難しいだろうね」なんてへらっと笑う太宰さん、だがそんな事今はどうでもいい。


_____嫌な異能力だな


聞きたくも無い声が聴こえるって事だろ?最悪だ。何だそれ。



項垂れる俺を余所目に、何か思いついたように太宰さんは「ねぇ」と声を出した。

.

#新しい就職場→←#声



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (110 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
318人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 探偵社 , マフィア
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

赤珠 - 完結おめでとうございます!!雫さんの一ファンとして他の掛け持ち作品も楽しみにしています! (8月18日 20時) (レス) id: 8dc3cc174c (このIDを非表示/違反報告)
557*ココナ(プロフ) - 完結おめでとうございます!お疲れ様でした。 他の掛け持ち作品も頑張ってください!! (8月18日 20時) (レス) id: 5b405d618a (このIDを非表示/違反報告)
赤珠 - なら夢主さんの写真ください作者様← (8月1日 22時) (レス) id: 8dc3cc174c (このIDを非表示/違反報告)
ちくわさん(プロフ) - 赤珠さん» フハハハ!残念だったな!← (8月1日 21時) (レス) id: 085b7fa5ef (このIDを非表示/違反報告)
赤珠 - ちくわさんさん» なん…だ…と…←← (8月1日 21時) (レス) id: 8dc3cc174c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年7月12日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。