占いツクール
検索窓
今日:228 hit、昨日:839 hit、合計:142,313 hit

▽冷たい先生と襲撃事件後 ページ4

.



そう扉を開ければ一斉に先生達が驚いた様に振り向く。

そりゃそうだ、A先生を職員室に呼びに来る生徒なんて早々いない。




「おう!どうしたリスナー!!課題かなんかか!」

「あっ、マイク先生!………えと、A先生…」

「あー……オーケーオーケー!!ちょっと待ってな!!!」






「A先生お呼びだぜー!」と茶化す様にマイク先生が叫ぶ。


決して馬鹿にした様子も無いから、教師同士では仲良いのかな?



それに気づいたA先生は僕達の方へ来る。

殆どの先生がコスチュームなのに、彼だけシャツにズボン、それからセーターというシンプルな格好。だからすぐに気づく。





『どうかしましたか、緑谷君、麗日さん』

「あの、えっと前の課題を提出しに来ました」

「わ、私はミスした部分の再提出しに…」





そう言えば『あぁ』と思い出した様に目を細めて笑う先生。


けどその笑みは何処までも胡散臭い。
本心じゃ無いのは確実だろう。


そんな先生に身構えれば降ってきたのはいつも通りの声だった。







『そういえばありましたね、課題。
わざわざ職員室までご苦労様でした』






課題を受け取り、ノートをパラパラと捲る。一瞬、麗日さんの頰が引き攣るのが見えた。


マイク先生もそれに気づいたのか慌ててA先生の肩に手を回し、フォロー(?)に入った。





「オイオイA先生!そりゃねぇぜ!?
お前、HR後すぐ職員室来るもんな!だから、リスナーも此処まで来てくれたんだろ〜!」

『肩、鬱陶しいですよマイク先生』

「固い事言わずにー!Aと俺の仲じゃん?






……あ、hey!ショータ!!
今日のヒーロー基礎学は俺も行っていいか!?」

『五月蝿いスピーカーですね』







A先生のこんなジョーク的な発言を始めて聞いたから少し驚いた顔をすれば、『どうかしましたか?』と無機質な声が刺さる。




「いえ何でも……あ、A先生!僕で良ければ辞書運びますよ、使うんですよね?」

『……よく覚えてましたね』

「先生授業の最後に言ってたので…」

『そうですか、ならお願いします』






心なしか、A先生は何時もより声が弾んでいる気がした。

▽冷たい先生と襲撃事件後→←▽冷たい先生と襲撃事件後



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (141 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
497人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 薫鶴さん» ありがとうございます!今のところ、コスチュームは特に設定していない(強いて言うなら軍服っぽい)ので、ご想像にお任せ致します。後々イラストをあげるからどうかは考えておきます() (9月25日 22時) (レス) id: c17c74b3a4 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 優凛さん» ありがとうございます!可愛いようで何よりです… (9月25日 22時) (レス) id: c17c74b3a4 (このIDを非表示/違反報告)
薫鶴(プロフ) - 先生のコスチュームって 刀剣○舞の鯰尾くんとか骨喰くん辺りをイメージすれば良いですかね?素直じゃない先生が好き。応援してます! (9月25日 22時) (レス) id: e1459da1b7 (このIDを非表示/違反報告)
優凛(プロフ) - やだ先生可愛い。 (9月16日 20時) (レス) id: 00e9bf0ce5 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ぴのさん» 本当ですね…甲田って誰…口田に訂正しました。ご指摘ありがとうございます。 (9月16日 20時) (レス) id: c17c74b3a4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年8月22日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。