占いツクール
検索窓
今日:15 hit、昨日:113 hit、合計:247,186 hit

138 ページ17

玉「ほんとバカ(笑)」



私「……」



玉「なんかあったとでも思ってんの?
ガヤの口から聞いた方がいいと
思うけど、……あの日、タクシーで
気持ち悪いっていい出して、トイレかしたら
寝ちゃったんだって
なーんにもないよ?あのふたりの間には」




真実がわかった安心感と
太輔を避けてた罪悪感



わたしの目から涙が溢れ出す



玉ちゃんがわたしの顔を見て
笑ってる



玉「わかった?www」



うんうんって頷くと
頭をぽんぽんってしてくれる



更に涙が溢れる



私「……もう、わたしはいらないかとおもった」



玉「バカじゃないの?(笑)んな訳ないじゃん」



玉ちゃんの口から聞けて良かったかも
知れない



もちろん本人の口から聞きたかったけど
たぶん冷静に聞けなかった




私「……バカって言うな」



玉「あははははっwww
Aはバカだよ」



私「も〜!!!」



完全に泣き笑いwww



わたしの頭をぽんぽんってする



玉「よし、じゃ、帰るわ」



私「え?帰るの?」



玉「泊めてくれんの?(笑)」



私「いや、泊めないけど(笑)」



玉「ふふっwww
ガヤが、まいってたからさ、
話ししにきただけ。
ちゃんと、会って話ししなよ?」



私「うん、ありがとう」



じゃあね〜って帰ってく玉ちゃん



なんて人なんだ、玉ちゃんは



最高かよっ!www





さぁ、どうする?



散々、無視してきて今更どんな顔して
会えばいいのか、わからない



自分から電話する勇気もなく
ただ時間だけが過ぎていく




次、電話かかってきたら出よう




そう決意したけど、太輔からかかって
くる事はなかった





Jrの子達を引き連れて、歌番組の
収録に行く



「Aちゃん、俺の衣装がない!」



私「嘘〜!よく探して?誰か間違えて
着てない?」



控え室で、大騒ぎしながら
出番を待っていると
入口がザワつく



「あ、おはようございます!」


「おはようございまーす!」



Jrの子達が次々と挨拶してる



……誰か偉い人でも来たのかな?




振り向くと



そこにいたのは



会いたくて会いたくてたまらなかった



太輔だった

139→←137



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (252 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
953人がお気に入り
設定キーワード:キスマイ , 藤ヶ谷
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

なみすけ(プロフ) - 恵美さん» こんばんは!必死で続き下書き中ですわwww (2018年7月5日 20時) (レス) id: 0b4f3bca49 (このIDを非表示/違反報告)
恵美(プロフ) - こんにちは…本当にイライラしますわ(笑)でも続きが読みたいです( 笑 ) (2018年7月5日 13時) (レス) id: d325299de7 (このIDを非表示/違反報告)
恵美(プロフ) - 早くDVD欲しいです(笑)今日も1日仕事頑張ります。 (2018年7月3日 8時) (レス) id: d325299de7 (このIDを非表示/違反報告)
なみすけ(プロフ) - 恵美さん» やばいね!強運だわ!早くDVDでないかな(笑)まだ終わってないのにwww (2018年7月3日 8時) (レス) id: 0b4f3bca49 (このIDを非表示/違反報告)
恵美(プロフ) - 無事に帰って来れました。今年の運使い果たしてしまいました。センステ横ですよ。死にそうになりました(笑)ちゃんと拝んで来ましたよ(笑) (2018年7月3日 7時) (レス) id: d325299de7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:なみすけ | 作成日時:2018年6月9日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。