占いツクール
検索窓
今日:580 hit、昨日:1,308 hit、合計:227,098 hit

75 ページ26

『コネシマ!!何処にいる!!』

わざと大きな声を出して森を走る
グロル国の兵士を引き付けて始末するため

何人か始末したがどうだろうか
まだ居そうだな…

『コネシマ!!』

これで返事をされたら意味が無いのだが

kn「Aー!!」

『………はぁ。』

まじかあの野郎
遠くから私を呼ぶ声が聞こえた
敵を引き付けるために大声出してるってことが分からないのか

…仕方がない、急ごう

kn「何処にいるんやー!!」

『本当に馬鹿なのか彼奴…』

kn「みつけた!!!」

『静かにしろ。』

銃を構えてコネシマを追いかけてた兵士を撃ち殺す

kn「助かったで!ありがとうな!」

『まだ走れるか?一旦この場を離れるぞ。静かにな。』

と背負っていたチーノ私が抱え走り出す
2人ともボロボロだ
さっきの2人より

しばらく走って立ち止まる
手当、するにも先程大声を出しまくったせいでそんな時間はないだろう
どうしたものか

と悩んでいるとコネシマが口を開く

kn「A、めっちゃ強い奴が一人おる。多分軍のトップレベルの人間や。」

『何?』

kn「着ている服、雰囲気、威圧…間違いない。彼奴相当な手練や。」

「正解だ。」

後ろから聞こえた知らぬ声に振り返ると一人の男が立っていた

「元我々軍幹部コネシマ、同じく元我々軍幹部チーノ。国王様の命によりお前らを連行する。」

言った途端に剣を抜きこちらに向かってきたのでチーノをコネシマに投げて持っていたナイフで応戦する

相当強い

ならば

『コネシマ、やることは分かっているな!?』

2人を先に逃がすのが1番良いだろう
庇いながら戦うなど出来ないからな

kn「俺も戦うで!!」

『馬鹿か!!お前が優先すべき事は仲間の命だ!!速く行け!!』

kn「お前も仲間やろ!!」

『いつ私がお前たちの仲間になったというのだ!!』

「こんな時に喧嘩とは余裕だなッ!!」

思いっきり腹を蹴られ吹っ飛ぶ
込み上げてきた鉄の味がする何かを吐き再びナイフを構える

面倒だな

『コネシマ、今はチーノの命を優先しろ。そして、ショッピを安心させてやれ。』

kn「ショッピ君が…?………絶対生きて帰ってこいよ!!」

当たり前だ、依頼を完遂しなければならないからな

76→←74



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (258 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1292人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , wrwrd! , 我々だ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ちひろさん(プロフ) - 凛さん» わーありがとうございます!!更新遅くてすみません!頑張ります!! (2月9日 13時) (レス) id: e44ddfb41d (このIDを非表示/違反報告)
- コメント失礼します!いつも続きを、楽しみにしながら拝見させてもらってます!無理なさらず、ご自分のペースで頑張ってください!めっちゃ応援してます!!(*´∇`*) (2月9日 11時) (レス) id: ccb5120fa0 (このIDを非表示/違反報告)
ちひろさん(プロフ) - クロネコさん» お待たせしてしまい申し訳ありません!頑張ります! (1月31日 15時) (レス) id: e44ddfb41d (このIDを非表示/違反報告)
クロネコ - 更新ありがとうございます(TT)これからもがんばってください! (1月31日 8時) (レス) id: 90cd79678e (このIDを非表示/違反報告)
ちひろさん(プロフ) - ネコミミさん» ありがとうございます!頑張ります! (1月28日 7時) (レス) id: e44ddfb41d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ちひろさん | 作成日時:2019年12月2日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。