占いツクール
検索窓

文豪ストレイドッグス/太宰治と黒の時代[1] - 占い

今日:6 hit、昨日:10 hit、合計:9,943 hit

作品のシリーズ一覧 [更新停止]

*


私は目下上京中で、銀座裏の宿舎でこの原稿を書きはじめる数時間前は、銀座のルパンという酒場で太宰治、坂口安吾の二人と酒を飲んでいた__

というより、太宰治はビールを飲み、坂口安吾はウイスキーを飲み、私は今夜この原稿のために徹夜のカンヅメになるので、珈琲を飲んでいた。


話がたまたま某というハイカラな小説家のことに及び、彼は小説を女を口説くための道具にしているが、

「あいつはばかだよ」

と坂口安吾が言うと、太宰治は

「われわれの小説は女を口説く道具にしたくっても出来ないじゃないか、われわれのような小説を書いていると、女が気味悪がって、口説いてもシュッパイするのは当り前だよ」

と津軽言葉で言った。


__織田作之助『可能性の文学』


*執筆状態:続編あり(更新停止)




















































おもしろ度の評価
  • Currently 8.90/10

点数: 8.9/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
29人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミュウ=ムー(プロフ) - 教えてくださり、ありがとうございます。 (9月20日 19時) (レス) id: 1429768fb6 (このIDを非表示/違反報告)
kana(プロフ) - オリジナルフラグははずさないといけませんよ。違反行為なので (9月20日 19時) (レス) id: 8d50bc542b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:皇帝ペンギンM← | 作成日時:2018年9月19日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。