占いツクール
検索窓
今日:292 hit、昨日:317 hit、合計:154,077 hit

4 ページ9

.







先生がいると、話できないこと。

いつも保健室にいる私なら、先生のことよく知ってるだろうって、そう思ったんだよね。









『……でも、ごめん。……私、そういうの疎くて。あんまり相談乗れない。……先生のこともみんなが知ってる以上の情報もないし……でも、先生好きになるのわかるなぁ、素敵だよね、憧れる』









盒兇んに好かれる先生の気持ちって、どんなんだろう。
先生もきっと気付いてるのかな。
私も先生みたいになれたら、盒兇んが女の子として見てくれる土俵に立てたのかな。









『……盒兇んなら、きっと大丈夫だよ。私なんかに聞かなくても……あ、それに他の子に聞いたほうが有益な情報とか得られるかも』









考えれば考えるほど、胸が苦しくなるから

平静を装うように、口をついて出る言葉には歯止めがかけられない。



固まっていた盒兇んが、ゆっくりと口を開いた。









「なんで、俺が先生好きって思ったの?言ったことないのに」




『……だって、いつも保健室来てるでしょう?楽しそうに話してるから…』




「俺、Aちゃんのことが好きなんだけど」






















『…………え?』









俺、Aちゃんのことが好きなんだけど




何度も頭の中でリピートする。

これってつまり、そういうこと?


……どういうこと?







きっと単純な言葉なんだろうけど、1mmも想定していなかった言葉を理解するなんて至難の業、私には無理だったようで




沈黙だけがふたりの間に流れた。









まとまらない頭で、その沈黙を遮るように、小さく声を発した。









『……今のは、………えっと、どういう…?』






「えっと、……告白、なんですけど」






『………告白…?』






「うん。告白です」









.









『………え?、は……え?……なん、……え??』









混乱しすぎて、手を、頭を、行き場なく動かすけど
盒兇んが私を好きだなんて、夢のような事実に落ち着けるわけがなく。


.

5→←3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (311 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1488人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

hinata(プロフ) - みきさん» そんなこと言っていただけるなんて(;;)たしかに私も、岸くんを先生にして書くの好きだなって思いました笑 考えてみたいと思います!ありがとうございます(^O^) (9月15日 19時) (レス) id: 34ee1548d7 (このIDを非表示/違反報告)
hinata(プロフ) - ぺんちゃんさん» ありがとうございます!先生との恋愛なのにスムーズすぎたかなって思ってたので嬉しいです(;;)これからも読んでいただけると幸いです(>_<) (9月15日 19時) (レス) id: 34ee1548d7 (このIDを非表示/違反報告)
hinata(プロフ) - あこちゃん。さん» うわぁ嬉しい(;;)ありがとうございます!!今後の他メンバーの話もキュンキュンさせられるように頑張ります!! (9月15日 19時) (レス) id: 34ee1548d7 (このIDを非表示/違反報告)
みき(プロフ) - 岸先生の、「俺の彼女になってみない?」って、好きですね。もちろん、どのストーリーもですが、このストーリーの続編とか読んでみたいです。短編にされるのが、もったいないです。 (9月8日 8時) (レス) id: 5ca5d758c8 (このIDを非表示/違反報告)
ぺんちゃん - 保健室と恋愛事情、いい感じに背徳感あって凄くキュンキュンしました(変態)これからも応援してます^^ (9月8日 4時) (レス) id: 6effff369f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:hinata | 作成日時:2019年8月18日 5時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。