占いツクール
検索窓
今日:7,499 hit、昨日:9,263 hit、合計:553,524 hit

第4話 上がって落ちる ページ5

*





結論から言うと有一郎くんは間に合わなかった。

だが無一郎くんは一命を取りとめ、今はお館様の産屋敷邸で療養中だ。





貴「……ごめんね…」





私がもっと早く足を運んでいれば有一郎くんも助かったかもしれないのに。

駆けつけた時、無一郎くんは有一郎くんの手を握って倒れていた。仲が悪いと思っていた。……そんなはずなかった。

そうだよね。たった1人の家族を嫌うわけないよね。





貴「ごめんね…無一郎くん……

ごめんね……」





身体中に包帯を巻かれ、血が滲んでいる痛々しい手をそっと優しく撫でる。

今日で無一郎くんが眠り続けて5日目だ。今日も起きないか…と立ち去ろうとすると私じゃない誰かの唸り声が聞こえた。





無「ん、ぅ……」



貴「むむむむむ無一郎くん!?」



無「……こ、こは…」





無一郎くんが目覚めた!!!

ぶわぁっと安堵の涙が零れて目の前がぼやぼやだ。





貴「よ、良かったよ〜!

無一郎くん目が覚めて良かった〜!!」



無「……むい…ち、ろ…?」





無一郎くんは自分の名前を口にした。

あぁ、嫌な予感がする。こういう嫌な予感っていうのは中々外れてくれないものだ。




無「だ、れ……それ…」





記憶喪失、だろうか。

それほどまでに兄の有一郎くんが死んだことがショックなのだろう。



罪悪感と嫌悪。

無一郎くんの静かな視線が私を責めたてるように見えて心臓を鷲掴みされたように早く、とても早く脈をうっていた。





貴「……うん、今は混乱してるみたいだね

ちょっと待ってて

お医者さんとお館様呼んでくるから」





今自分は笑えているだろうか。

逃げるように無一郎くんのそばを離れ、襖を閉じた。





*

第5話 命の恩人→←第3話 最悪な夏の日



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (497 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1404人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 時透無一郎   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

時紀(プロフ) - 岬さん» ひぇ…恐縮です……私も岬さんから温かいコメントをいただけてキュンキュンが止まりません…ありがとうございます…… (9月2日 15時) (レス) id: efc0380dc7 (このIDを非表示/違反報告)
- わぁ……閑話めっちゃ……もう……囁かに甘くてキュンとしてしまいます……むいくんが柱になってからは、夢主さんに甘える機会が少なくなったように見えますし、こんなふうに甘えてるのを見るとキュンキュンが止まりません……ほんとに時紀さんの小説で、生きてます…… (9月1日 21時) (レス) id: 7d9b2a2f36 (このIDを非表示/違反報告)
時紀(プロフ) - 李詩さん» 無一郎くん喋りましたねぇ、動きましたねぇ、かぁいかったですねぇ。作者もとっても幸せです。一緒にキュンキュンしましょう……! (9月1日 0時) (レス) id: efc0380dc7 (このIDを非表示/違反報告)
李詩 - かぁいいねぇ。むいむいが動いた事に対する嬉しさが半端ない。そしてそれを見てからこの作品を見ると,脳内でめっちゃ動いてるめっちゃ話してる。蜜璃ちゃんになっちゃう。キュンキュンしちゃう。 (9月1日 0時) (レス) id: 085be6f2b2 (このIDを非表示/違反報告)
時紀(プロフ) - あいねさん» 恐縮です!これからもかぁいいと仰っていただけるように頑張ります! (8月28日 22時) (レス) id: efc0380dc7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:時紀 | 作成日時:2019年7月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。