占いツクール
検索窓
今日:223 hit、昨日:253 hit、合計:5,004 hit
.







かぶき町の傘屋と言えば、
皆が口を揃えてこう言うらしい。



「あそこの店主は間違いなく馬鹿だね」



そんな店主の周りに集うのも、
同じ馬鹿達なのであった。






『今週の客数、旦那を除き...
なんと0人!!!』




『じゃ俺が来なくなれば馬鹿店主も店もぶっ潰れるわけか、そりゃ素敵な話だな」




『ちょっ、それは勘弁!!!
本当に旦那だけが頼りなんですからね!!?
冗談も大概にして下さいね!!?
マジで頼みますよ!!?』




「何その息子に対してすげぇ過保護になる母親みたいな言い方!!
なんか腹立つからやめてくんね!!?」







今日も傘屋は騒がしい。





.







ども、気空です。





今回小説では初の銀魂という事で、とりあえずギャグでいってみることにしました。




オチは銀さんですが、序盤はほぼギャグで突き進んでいこうと思ってます。




舞台はかぶき町のとある傘屋さんです。
万事屋や真選組から他多数のキャラまで絡んで、色々騒動が巻き起こっていくことかと。




作者はまだまだ未熟ですので、言葉や表現の使い方がおかしい時には、遠慮せずご指摘ください。





※ 無論下ネタも入ります。


※ 原作無視。


※ 更新速度不安定。執筆状態:連載中















おもしろ度の評価
  • Currently 9.81/10

点数: 9.8/10 (93 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
87人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 坂田銀時
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:気空 | 作成日時:2017年3月20日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。