占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:5 hit、合計:2,443 hit

1:売買 ページ1




この世界は誰にでも平等ではないと、物心ついた時から常々感じていた。

路地裏を歩く度に見かける孤児。地面に倒れて生死も分からない大人。周りはこれらを"醜い"と言葉で片付けていた。

自分を基準にして他人を見下ろす奴の方が、俺自身醜いと思っている。



「本日の目玉商品のお時間です_」

顔を仮面で隠し黒いスーツを着た司会者は、嬉々としてステージに手を向けた。

「元軍人4人組でございます!!」

おお、と会場がざわめいてスポットライトが光るステージに、客は釘付けになる。詳しく言えば照らされている4人へだ。

「……くそかよ」

仮面の下で小さく呟いて舌打ちをした。
人間売って買って、何が楽しいのか理解すら出来ない。
俺だってこんなの興味はない。だが、本家からの命令に逆らう気なんて起きない。

「スタートは5000万から!」

「6000!」

「8000出すわ!」

「1億出そう!」

「なら俺は3億だ!」

手を上げて盛り上がる馬鹿を横目に見ながら、俺は静かに立ち上がった。会場にあるもうひとつのライトが俺に当たる。
意外に暑いな、なんて考えながら口を開いた

「10億」

「……え?」

「聞こえなかった?10億出すって言ったんだ。一人あたりに、な」


2:取引→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (20 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
55人がお気に入り
設定キーワード:MSSP , M.S.S.P , 実況者
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

-naki-(プロフ) - Zero0007Seiryuuさん» 更新はあまり出来ませんが、これからもよろしくお願いします。コメントありがとうございました (1月18日 11時) (レス) id: 51c4e75278 (このIDを非表示/違反報告)
Zero0007Seiryuu(プロフ) - コメント失礼します!とても好きです!続き楽しみにしております<(_ _*)> (1月18日 11時) (レス) id: cdcd27939b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:-naki- | 作成日時:2018年1月13日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。