検索窓
今日:38 hit、昨日:349 hit、合計:266,742 hit

真夜中の決闘04 ページ42

「セレナ!!?」

ハーマイオニーの悲鳴に近い声を後ろに、柄を九十度に持ち上げぐんぐんと上昇しネビルに近づく。
風を切り割く感覚と、その高揚感と言ったら―――!!

乗ったこともない箒なのに、セレナは右に曲がる癖のある箒を上手く扱い、あっという間にネビルと並走できる高さに来た。

「ネビル!聞こえる!?」
「セレナ!助けて!僕、もう、怖いよ!!」
「まずは落ち着いて。深呼吸できる?」
「出来ない!助けてセレナ―――うわっ!!?」

ネビルに声をかけるも、落ち着きやしない彼は遂に箒から手を放してしまった。
再び悲鳴が下から聞こえる中、セレナは思わず舌打ちして箒の柄を今度は真下に向ける。

三メートル、二メートル…一メートル…捕らえた!


「ネビル!!!」

手を伸ばしネビルのローブを掴むと、グンッと彼の重さで下に引っ張られはしたものの、辛うじて助けられたようだ。
下からも歓声が聞こえてきて、セレナは漸くホッと息を吐いた。

「ネビル!生きてる?」
「いぎでるっ!セレナ、ぼく、生きてるよ!!」
「あと少しだから暴れないでね!」

そんな会話をしながら少しずつ下降し、地面まで残り三メートルあたりといったところで、ビリッと嫌な音が聞こえた。
ネビルのローブが不運にも破れたのだ。

ドサッと音を立ててネビルはうつぶせに墜落し突っ伏し、マダム・フーチが慌ててネビルに駆け寄るのを眺めながらセレナも地面に足をつけた。
どうやら打ち身と擦過傷で済んだらしい。
降りてきたセレナにハーマイオニーが何かを言う前に、マダム・フーチはネビルを立たせると生徒たちに向き直った。

「私がこの子を医務室に連れて行きますから、その間誰も動いてはいけません。箒もそのままにしておいて置くように。さもないとクィディッチのクの字を言う前にホグワーツから出ていってもらいますよ。

それとウィンクルム、貴女もこちらに来なさい」

「はい、先生」

マダム・フーチの言葉が嫌に心に突き刺さりながら、彼女とネビルと共に校庭を後にする。
いくら人助けだとしても教師の言葉を無視して勝手なことをしたのは事実だ。罰則、最悪は退学だろうか…。

チラリと後ろを見ると、心配そうな泣きそうな表情のハーマイオニーやロン、ハリーの顔が見えた。

最後に会う機会があればいいな。
セレナは、未だ恐怖心が取れないネビルを支えながらそんなことを思った。

真夜中の決闘05→←真夜中の決闘03



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (130 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
454人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

レン(プロフ) - 潤華さん» 潤華さん、初コメありがとうございます!お褒めの言葉嬉しいです☺️引き続き、応援よろしくお願いします! (2月5日 7時) (レス) id: 38d4befbfc (このIDを非表示/違反報告)
潤華 - とっても面白いです!!!♡♥ (2月4日 20時) (レス) id: 9eceefbc71 (このIDを非表示/違反報告)
レン(プロフ) - カケオレさん» コメントありがとうございます!この時代にもニュートが居たので是非からませたいと欲望が出てしまいました笑今後も出てきますので楽しみにしててください! (2023年3月20日 21時) (レス) id: 38d4befbfc (このIDを非表示/違反報告)
カケオレ - ニュートが出てきた瞬間叫んでしまいましたよ (2023年3月20日 7時) (レス) @page11 id: 1b32a494c8 (このIDを非表示/違反報告)
レン(プロフ) - †NANA†さん» ご指摘ありがとうございます!遅ればせながら修正致しました(^^) (2023年2月10日 20時) (レス) id: 38d4befbfc (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:レン | 作成日時:2022年7月3日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。