占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:20 hit、合計:3,563 hit

2話: 渡会和音 ページ4

「おい、かずー。もう教室着いてるぞー。もうすぐでHR始まるぞー」

繋いでいた手とは反対の手で、渡会 和音の幼馴──榎下 廻がぺちぺちと彼の頬を叩く。和音は大層不機嫌そうに顔を歪め、おもむろに目を開けた。

「うるさいな……。
あと5分寝かせてって言ったでしょ……」

彼の言葉に廻はため息をつく。

「それ、毎日言ってるよな。……それとも、
おはようのキスが欲しいのか?」

「やだ」

「即答かよ」

和音は欠伸をしながら教室のドアを開けた。

「……後でね」

「えっ、後でキスしてく──」

ガラガラガラ。
言い終わる前にドアをしめ、さっさと席へと向かう。教室は依然として騒がしく、和音が教室に入ってきたことには目もくれずに楽しげな会話が繰り広げられていた。

機械的に机の横にバッグをかけ、本日第4回目の睡眠を決め込もうとそのままうつ伏せになった。

目を瞑った途端、HR開始のチャイムが鳴り担任の教師が入って来た。担任は欠席がいないことを確認し、今日の日直を確認する。

「日直は……渡会か。
おい、渡会、号令しろ」

数秒後、和音は気だるそうに顔を上げた。

「…………起立」

彼の合図にクラスメイトは立ち上がる。

「礼」

おはようございます、
と生徒が挨拶し各々席に着く。

「今日の連絡はー、あー、そうだ。今日から体育祭の練習が始まるからな。あんまり無理するんじゃないぞ。じゃー、解散」

担任の言葉を合図に一気に教室は騒がしさを取り戻した。担任が一言か二言残して、和音の机に日誌を置き去っていく。

彼はその間もうつ伏せのまま動こうとしない。その心には体育祭への鬱憤を密かに募らせていた。

体育祭。運動があまり得意ではない和音にとっては憂鬱なイベントだ。やだ、やりたくない、汗かきたくない、寝たい、だるい──とにかく怠惰な感情だらけの彼にはやりたくない行事ナンバーワンにあたる。

そこまで考えてばっと顔を上げた。

「はぁ、永眠したい……」

「永眠?」

顔を上げたらなんとそこには幼馴染の顔が。しかし彼は対して驚きもせずそのまま頬杖をつく。

「廻、俺を驚かせようとしても無駄だからね」

「別にー? 驚かせようとしてないし」

「お前がいると俺の睡眠の質が下がるから
さっさとどっかに行ってくんない?」

「んー、キスしてくれたら考える」

「……ここじゃ、ムリ」

「後なら出来るってこと?」

和音は目を伏せて、頷く。

「……ふふ、そうか」

廻はその反応に満足そうに目を細め
上機嫌に自分の教室へと消えていった。

「……あいつがいると調子が狂うんだよ」

そう呟いて再びうつ伏せになった。

3話: 胡桃沢優香→←1話: 璃島光牙



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
11人がお気に入り
設定キーワード:募集企画 , オリジナル , リレー小説 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

なるせ(プロフ) - 更新終わりました! (5月6日 16時) (レス) id: af1a978d4d (このIDを非表示/違反報告)
なるせ(プロフ) - 更新します! (5月6日 15時) (レス) id: af1a978d4d (このIDを非表示/違反報告)
櫛鉈(サブタブ) - 更新終わりました (5月5日 22時) (レス) id: 045ecd0b94 (このIDを非表示/違反報告)
櫛鉈(サブタブ) - 更新します! (5月5日 21時) (レス) id: 045ecd0b94 (このIDを非表示/違反報告)
京将(プロフ) - 更新しました。ギャグ要素が抜けてしまった…! (5月2日 15時) (レス) id: 8bab4445ef (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:京将 x他6人 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年4月5日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。