検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:495,892 hit

170 . 自分勝手 Sho side ページ10

.



いつもと同じに

今日も一番乗りの楽屋…と思ったら

めずらしくニノが先に来てた。


.



『おはよー、ニノ。今日は早いね』


「おはよう…」


.



いつもの定位置に座り新聞を広げると…


.



「ね、翔ちゃん、美織ちゃん
帰って来たんだね」



『あ、うん』


.



チラッとニノを見ると

ゲームをやりながら俺には視線を向けない。



もちろん、メンバーみんなは

過去に俺と美織が付き合ってたこと知ってるし

別れることになったことも全部知ってる。




.



「昨日さ、仕事先で美織ちゃんにばったり会って少し話したんだ」



『…そっか、』



「美織ちゃんに聞かれたよ、
翔ちゃん元気かって」



『そうなんだ…実は俺も昨日偶然会ったんだ』



「え、会ったの?」



『うん、昨日Aと一緒にいた時に美緒に
呼び止められた』



「うわっ、最悪だな…。で、Aちゃん大丈夫だった?」



『…いや、平気なふりしてたけど結構動揺してた』



「そりゃあ、そうだよな。で、Aちゃんは美織ちゃんのこと“あの人誰?"とか聞いてきたの?」



『いや、俺から全部話した…』



「は?聞かれてもいないのに
自分から美緒ちゃんのこと言ったの?」



『うん、隠し事はイヤだから』



「ふーん、でもさ話された方のAちゃんとしてはどうなのかな。」



『え?』



「好きな相手の過去を知りたくても
知らない方が良いこともあるんじゃないの?」



.




ニノが言ったことは確かにそのとおりで

そう考えると

俺はすごく自分勝手なことを

Aにしてしまったのかもしれない…。

171 . 嫌な予感→←169 . ファン?



目次へ作品を作る
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (574 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
486人がお気に入り
設定タグ: , 櫻井翔 , ミイ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミイ | 作成日時:2013年1月18日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。