占いツクール
検索窓
今日:255 hit、昨日:323 hit、合計:3,064 hit

55話 ページ8

私のマークは結城だったが、今日の彼は魂が抜けていた。
顔の色はまるで紙だったし、先生の怒号もまるで耳に入っていない様子だった。

加えて私の調子が良かったので、今日は物凄く活躍した。

「ナイッシュー!」

試合を終えてから、心愛とハイタッチを交わす。

「ロングめっちゃきめるじゃん!」
「調子よかった」
「ご謙遜を〜」

私は少し笑ってから笑みを消して小声で言った。

「結城の落ち込みようはひどいぞ」
「あー、うん。あたしも思った。幽霊みたいだよね」

結城の方に目をやると、彼はぼんやりと座り込んでドリンクを飲んでいた。
その彼を、春原さんが慰めている。

二人で同時に目を背けた。

「お疲れ。全体的に健闘したな」

深淵先生の褒め言葉に、スタメンの皆はにこにこする。

「という訳で、マーク相手にシュート入れられた本数×5往復してこい」

ブーイングが沸き起こる。
なにが「という訳で」だ。

だが私は走らなくて済む。
結城は一度もシュートを決めていない。
4人が走りに行ってしまったので、私は大人しくシューズを脱いだ。
先生は私を見下ろして言う。

「お、A。珍しく走ってないな。手空いてるなら片付け手伝え」

くそっ、嫌味っぽい。なんだ珍しくって。
脱ぎ終えたバッシュを揃えて、私はホワイトボードを運んだ。

56話→←54話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
270人がお気に入り
設定キーワード:先生×生徒 , 教師 , ドS , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:餅屋 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年11月30日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。