占いツクール
検索窓
今日:261 hit、昨日:323 hit、合計:3,070 hit

54話 ページ7

練習の休憩中、座ってタオルで汗を拭いていると、優璃が横に座ってきた。

「春原さん、先生の幼馴染みなんだって聞いた」

どきりとして、彼女を振り向く。
目線でわかったのか。それにしても、鋭い。

「優璃、私が先生のこと好きだって、いつから知ってたの?」
「いつだろう。わかんない。でも結構前かな」

私は男子に囲まれている春原さんを見つめる。
可愛い。文句なしに可愛い。
私が男でもあんなマネージャーがいたら頑張れる気がする。

「……可愛くていやになっちゃう。勝てないよあんなの」
「そう?私はきーちゃんが好きだけどな」

撃沈した。
惚れそう。

「……ありがとう」
「どういたしまして。ほら、次男子との試合だよ。行こう」

私は頷いて立ち上がり、優璃の左右に振れるポニーテールを追いかけた。

55話→←53話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
270人がお気に入り
設定キーワード:先生×生徒 , 教師 , ドS , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:餅屋 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年11月30日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。