占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:121 hit、合計:78,474 hit








ヒーローそのものだった。











「は、離してくれ五条、ちょっと痛い」

「術式使えよばーかばーか!折れるまで離さねぇよ!」

「腰の骨が折れたら如何せん私は最低でも2日寝ることになってしまう」

「そう言う意味じゃないけど勘違いも可愛い!寝ちまえ!永眠してろ!」

「かなりのブラックジョークじゃないか…!?」


頑張って歩こうとする見知らぬ女。その腰に両腕でしがみつく五条。

釘崎が、「醜い大人は見たくないわね」と吐き捨てた。














ヒーロー…?











高専時代からスタート。

8、9巻辺りのネタバレ、故にアニメ勢は注意されたし。

夢小説です。

五条先生高専時代の1年生から始まります。執筆状態:連載中

設定を行う場合はこちらをクリック














































test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.87/10

点数: 9.9/10 (92 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
398人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 五条悟 , 夢小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2021年3月9日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。