占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:4 hit、合計:2,799 hit

191枚目 ページ11

「着きやしたよ魔王様」

「ま、待って……ちょっと酔っウプ」

「うっわ汚いわね吐いたら殺すわよ」

「ねえ俺の奥さん怖い!!そこで勇者に戻らないで!」

「冗談よバカ」


……いいな。僕も女王様みたいな奥方を持ちたいと思う。一応言っておくと、人から妻を奪うのは好きではない。むしろNTR派だ僕は。わからない純粋な女子はそのままでいいが、男ならば調べて見てもいいかもしれない。いい人生経験になると思うが僕は一切責任を負うつもりはないとだけ言っておこう。

僕達は身を寄せ合って魔法陣の上に立った。魔王が真ん中、彼を女性たちが囲んでいて、僕は1番外側だ。アズマの傍は別に嫌という訳では無いが、少し残念である。しかし、彼女の次に近い黒狐のイナリからは殺気を込めた眼差しが送られているので良しとしよう。僕は別に、嫌がる女子をむやみに触るほどたわけた男ではない。

ちなみにロンドも外側のようで、ソフィの前に突っ立っている。たぶん僕と彼は同じ顔をしていると思うのだが、僕はソフィの傍の方に行きたい。

さて、文字数制限の半分ほどをしめたところで転移でもしようか。

エルフである僕には強い魔力が宿っている。高い魔力を持つ人間と同等の力を常に出せるわけで、つまり9人全員一気に転移させるのも余裕だということ。

炎や風の通常魔法とは違い、呪文を唱える必要はない。簡単な話だ、魔法陣自体が呪文なのだから。

というわけで。僕達は山中から、魔法陣だけ残して姿を消した。

つかの間の異空間。僕は刀の柄を持つ手に力を込める。

いきなり首領の前に姿を現すのだ、警戒されて当然だろうし、攻撃される可能性だってある。


「僕は君たちを護ってみせる」


呟いた一言は、アズマにだけ聞こえたらしい。流石は獣人と言ったところか。彼女は冷静な顔で言葉を投げつけてきた。同時に到着して、視界が開ける。


「死亡フラグじゃない?」


僕達の周りには、明らかに裏の世界に生きる侍たち。

死亡フラグだったかな。

192枚目→←190枚目



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 6.7/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
75人がお気に入り
設定キーワード:男主 , ラブコメ , ギャグ   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

モモハ(プロフ) - ログインコングラです!家族系のアレコレはてぇてぇですよな!(禿同)いえいえ、毎回くださるのは逆にとても嬉しみが深いです!わー待ってます! (7月10日 21時) (レス) id: 98af2b3beb (このIDを非表示/違反報告)
しぇるふぃあ。((芦原晴))(プロフ) - 母娘てぇてぇですね!!素直になれない女帝かわいいし大人になろうとしてる王女様もめちゃくちゃかわいい…更新の度にコメント打ってる気がします、うるさくてごめんなさい…(キャラシートはイラスト描け次第提出します!)(ちなみにログインしました) (7月10日 20時) (レス) id: a3aac3bf63 (このIDを非表示/違反報告)
モモハ(プロフ) - えへへって笑い方良いですよね可愛いっすよね!!!ありがとうございます、ぜひ! (6月1日 13時) (レス) id: 98af2b3beb (このIDを非表示/違反報告)
しぇるふぃあ。 - あの…えへへ…お久しぶりです…新キャラもとっても可愛くて私幸せ…(( キャラ募集、できれば参加したいんですがキャラ設定について質問がありまして、キャラ募集の方で相談させていただきますね……遅くなりましたが続編おめでとうございます! (6月1日 11時) (レス) id: a3aac3bf63 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:モモハ | 作者ホームページ:o(`ω´ )o  
作成日時:2019年4月20日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。