占いツクール
検索窓
今日:96 hit、昨日:715 hit、合計:306,260 hit

二百二十五話 [生き残りを賭けたチェス] ページ25

四方がガラスで囲まれた部屋の中、魔人ドストエフスキーはひっそりと嘯く。







「これで『神の目』は使えません」







手の中にある一冊の本を開き、暇をつぶすように目を通す。
が、直ぐに興味を失ったのか彼はそれを床に落とした。






「《天人五衰》の同僚に請われ完璧な計画を立てたものの、完璧は退屈ですね。
これでは人間の業を鑑賞する間もない」







手の中で行われる劇はつまらない。
諦めたように視線を落とした時、彼の目に新しく運ばれてきた囚人が見える。
その人物が向かいの檻房に入れられ、姿を確認した瞬間、魔人の目が見開かれた。







「散水装置…」








体を濡らす人工的な雨を見て、Aは何かに気づいたように呟く。
異能で操られていた万年筆は水により血液が薄れ、床に落ちていた。








「散水装置を起動して血の弾丸を薄め溶かした」








「鏡花ちゃん!」








息を切らした鏡花が部屋に飛び込んできた。
フィッツジェラルドは信じられないような顔で問う。







「…君がこれを?だが何故血の攻撃があると判った?」








「階下にいたら表示装置に一斉に警告文が出た」







散水装置ヲ起動セヨ、と。
そこまで聞いて、Aは濡れた髪をかきあげ、僅かに口角を上げた。








「あの人がやったんだ」








「…暗殺は阻止したよ魔人さん」








監獄で、魔人に声をかける者が一人。
魔人は彼を見て、僅かに驚くと笑みを浮かべた。







「そう来ましたか」









向かいの檻房に現れた人物に同じように笑みを浮かべた。







「こんな場所で退屈だろう?話し相手になってやるよ」








その人物は、捕らえられた太宰治だった。
向かい合う二人の怪物は不敵に言葉を交わす。








「…探偵社を救う為にわざと捕まったのですね?」








「君の策略を見抜くにはここに座るしかないからね」








「外の仲間とはどうやって連絡を?」








「無論秘密だ、君と同じくね。ただ…ちゃんと託す相手には託してきたさ」








これはチェスだ。
自分達の駒を用いて闘う、究極のゲーム。








「こんな地下でチェスの相手に恵まれるとは」








「勝負だ、ドストエフスキー」









駒は自分の仲間。
一手ごとに破滅が香る危ない駆け引き。
それを制した者が勝つ。
生き残りをかけたゲームが、今始まった。

イラスト紹介→←二百二十四話 [魔人の策謀]



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (489 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2614人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もこすけ(プロフ) - †三毛猫†さん» 嬉しいお言葉ありがとうございます。泣いていただけたようで、書いているこちらとしてはとてもありがたい事です。とても嬉しいです。これからもこの作品をよろしくお願いします。 (5月19日 12時) (レス) id: 4a59fda111 (このIDを非表示/違反報告)
†三毛猫†(プロフ) - 毎回、夢主ちゃんの過去のお話しで泣いてしまいます。こんなに感動できる物語がかける作者さんを尊敬してます (5月18日 19時) (レス) id: a139b9767e (このIDを非表示/違反報告)
もこすけ(プロフ) - さくらかつきのようになりたい←さん» コメントありがとうございます。そんなに喜んでいただけるとこちらとしても書いていてよかったと思います。近々、第7章を出しますのでよろしければ読んでください。皆様の応援、大変嬉しいです。今後とも、この作品をよろしくお願いします。 (5月18日 13時) (レス) id: 4a59fda111 (このIDを非表示/違反報告)
さくらかつきのようになりたい← - BEASTも楽しみにしてます!小泉ちゃんがどう活躍(?)するのか…アッダメだ私の脳じゃ思い付かない…!!(←)コホン…体調にも気を付けて、作者さんのペースで更新して下さい!(← 何か上からで済みません…!!)我々読者は何時までも待ち続けております!!長文失礼しました! (5月17日 20時) (レス) id: 1276fff981 (このIDを非表示/違反報告)
さくらかつきのようになりたい← - 全裸待機してますドゥルルルルルル卍^о^)卍(←)アッ、何時もハラハラしながら楽しく読ませて頂いてます!文スト十七巻…まだ読んで無いけど、物語に着いていけるようにします!これからも本編、番外編と共に更新頑張って下さい!応援してます!初コメ失礼しました! (5月17日 20時) (レス) id: 1276fff981 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もこすけ | 作成日時:2018年6月9日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。