占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:0 hit、合計:6,848 hit

ポックリ72 ページ22

入ってきたのは国木田と累音だった

国木田が険しい顔で何かを言い

其れをなだめるように累音が笑いかける

そんなやり取りをしていた




太「遅かったじゃない、国木田君

もうとっくに修理は終わってたはずだけど

累音君がそんなに気に入ったのかい?」



太宰が少々不満気な声で言う



国「あぁ、仕事もせずに我が社の看板に泥を塗りたくっているお前よりは良いだろう

悪癖がない、迷惑を振り撒かない、人の話に耳を傾け、丁寧に接している

何より、仕事ができる」




累音が照れながらにへらと笑った

茶那が若干引く




敦「そういえば皆さん探偵社に入る前は何を」




敦が言うと、店内静まり返った

こうして前職当てゲームが始まった



メロンクリームソーダに口を付けながら茶那が言う



一『谷崎兄妹は...学生?』

谷「おお、良く分かったね!」

ナ「どうして分かりましたの?」

一『ナオミさんは見たまんま、谷崎さんは歳が近そうだからなんとなーく』



まぁ、答えを知ってるからね



太「お見事!じゃあ、国木田君は?」

国「おいやめろ、俺の前職等どうでもいい」


一『えー・・・万引きの常習犯とか?』

国「何故そうなる!」



いやこう言う真面目そうな人ほど・・・ね?



一『えー、じゃあ敦分かる?』

敦「えっ?!ぼ、僕?!え、えーっとそれじゃあ・・・お役人さん?」



敦が答えると太宰が惜しい!と一言



太「彼は元々数学の教師なのだよ」



敦と茶那は何故か頭の中で

「此処はxの累乗を使うに決まっているだろう!」

と叫びながら黒板を叩く国木田が鮮明に思い描かれた




太「じゃあ私は?」




太宰がにこやかな笑みを浮かべて問いかける

相当自信がある顔だ


敦には想像もつかない



谷「太宰さんの前職は未だ誰も当てられてないんだ

そのせいで今、賞金が・・・七十万まで膨れ上がってる」




敦「な、七・十・万?!」





敦の目に鋭い光が宿る

こんな所で生命の輝き見せなくていい


その後も敦は役職を当てようと試みるが



敦「」



見ずとも聞かずとも分かる

悉く失敗に終わった

目に光がない




一『あ、敦、大丈夫・・・?』




敦は先刻から突っ伏したまま七十万…七十万…と呟いている



太「うふふ、もう降参かい?じゃあ此処で大ヒント!

この中で一人だけ!私の前職を知っている人がいまーす!」



場が凍りつく

ポックリ73→←ポックリ71



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
26人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 合作 , 転生トリップ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:chizomeと818猫とプチネコと茶々と___。 | 作成日時:2019年6月9日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。