占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:50 hit、合計:31,540 hit

恥ずかしいこと ページ39

「ねぇ野坂くん、何お願いした?」


鳥居に背を向けると、君は早速僕に尋ねた。


「君が教えてくれたら教えるよ。」


「えー、どうしよっかな。」


僕だってそれなりに、君の願い事が気になっている。
だってもしそれが僕に叶えられることなら、申し分ないじゃないか。


だけど君は微笑んではぐらかしたまま、もう願い事の話はしなかった。


「次はどこに行くの。」


「次はねぇ。」


その代わりに僕が投げかけた問いに、君はまたとっておきの宝物を差し出すように答えた。


「あれに乗るの!」


それは、湖の上にあった。
大きなその体を悠々と水に浮かべ、緩やかな速度で進んでは波を立てている。


「遊覧船?」


「せーかい!あとちょっとで出航だからね、急いでチケット買うよ!」


君はそう言って、券売所へと駆け込んだ。

楽しみな気持ちが前のめりになる度に駆け出す君は、まるで幼い子供のようで

僕は恍惚としてその様子を見つめていた。


こんなものに乗る日が来るとは、今の今まで思ってもいなかったし
僕みたいな人間がこういう類の娯楽に似合わないということも分かっている。

だけど今日くらいは、ハメを外すのも悪くない。


「これに乗るとね、違う駅まで行けるの。」


「そうなんだ。随分、綿密に計画を立て直したんだね。」


「へへっ、だって今日野坂くんと出かけられるの、夢みたいって思ってたし今も思ってるもん。」


君は、小恥ずかしいことをよくそんなに平気な顔をして言えるな。

頭の中ではそう思ったけど、僕の身体もまた、思考とは食い違って小恥ずかしい行動を起こしたがっているようだった。


「…野坂くん?」


自分の意思がその行動を引き止めるよりも前に、僕の身体は動いていた。


どうしたって、君に触れたい。


前方へと歩みを進めて船に乗ろうとする君の左腕を、引き留めるように僕は掴んだ。


「どうしたの?」


「………。」


自分でも、頭の中をきちんと整理していなかった。
ただ何か言うべきだという義務感に駆られて、つい自分でも気づかなかった本心が口をついて出た。


「手を、繋ごうか。」


僕はもう既に何度か君の手を勝手に繋いでいるし、今更こんな風に声をかけるだなんておかしな話だ。


「な…な、何…で?」


君は驚いて理由を聞いた。


「だって、もし君が…。」


だけど都合に適った理由なんて、今の僕には考えられない。

苦しさ→←願い



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (74 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
87人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もちまる。(プロフ) - すずさん» すずさん、コメントありがとうございます!感動して頂いたようで何よりです。応援ありがとうございます!ご期待に添えるようこれからも頑張っていきますね! (8月11日 20時) (レス) id: 03d75cb96c (このIDを非表示/違反報告)
すず(プロフ) - 今この作品を見終わったのですが、とっても感動致しました。野坂くんも過去に戻ってしまうというところがこんな展開他にはないな、という感動を覚えました。更新、頑張ってください!これからも応援させて頂きます! (8月10日 0時) (レス) id: b95394d06b (このIDを非表示/違反報告)
もちまる。(プロフ) - おみかんさん» おみかんさん、コメントありがとうございます!そんなことを言って頂けて、ほんっとうに嬉しいです。応援ありがとうございます!今後も頑張っていきますので、完結までお付き合い頂ければ幸いです! (8月5日 9時) (レス) id: 03d75cb96c (このIDを非表示/違反報告)
もちまる。(プロフ) - 姫菜さん» 姫菜さん、コメントありがとうございます!作品に入り込んでいただけだようで、とても嬉しいです。深くこの小説をお読み頂き、本当にありがとうございます!今後も是非楽しんでいただければ幸いです。更新頑張ります! (8月5日 9時) (レス) id: 03d75cb96c (このIDを非表示/違反報告)
もちまる。(プロフ) - めりさん» めりさん、コメントありがとうございます!前作から読んで頂いているんですね…!とっても嬉しいです。私も大好きいいいいいいこれからも是非お読みいただければ嬉しいです!!!!笑 (8月5日 9時) (レス) id: 03d75cb96c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もちまる。 | 作成日時:2019年8月1日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。