占いツクール
検索窓
今日:222 hit、昨日:448 hit、合計:31,291 hit

青い光 ページ1

僕は、君を。


あの後に続く言葉は、一体何だったのだろうか。


全く想像もできなかった。


私が彼の生きる理由を否定している。


事実がどうであれ、彼がそう思っていることがただひたすらにショックで


じわりじわりと大きくなっていくその虚しさに襲われるまま、そして彼に会いに行く勇気もまるで出ないまま


遂にあれから1週間が経った。


そしてとうとう、8月が顔を出した。


私が死ぬまでの日数を数えるのはもう止めた。


その日数の少なさに、吐き気を催すようになったからだ。


今月死ぬのだから当然だろう。


それよりも、どんどんと少なくなっていく残り時間を見つめながら
この1週間何もせず、無駄にしてしまったことが悲しかった。


私は結局、野坂くんに何を残せたというのだろうか。


彼の笑顔を見てみたいと、ただそれだけの思いで動いていたはずだった。


なのに今、私の存在がさらに彼を追い詰めているというのか。


_________それなら。


あの日、私が野坂くんに死ぬことを打ち明けた日に戻って。


やっぱり私が近々死ぬんだなんてことは、言わないで。


笑顔のまま、無鉄砲なまま、そんなに彼とも関わらずに


こっそりと支えながら生きるのが良いんだ。


私は多分、間違えていたんだ。


彼と花火を観に行ったことも、彼と手を繋いだことも、エレベーターの中で彼を抱きしめたことも、彼と並んで寝たことも。


全部、全部、間違っていたんだ。


大丈夫。一度だけなら、やり直せる。一から正せる。


この思い出を、私一人だけの中に閉じ込めてしまえばそれでいい。


ずっと制服のスカートのポケットに閉まったままにしておいた、青いカケラを取り出した。


もう日は沈んだというのに、電気もつけずに真っ暗な部屋の中でソファに沈んだ。


月明かりだけが、部屋を照らしている。


その青白い月光を通して


カケラの青がより一層深まって見えた。



「……お願い。」



ほんの少しだけ、微笑んだような気がした彼のあの表情が一瞬脳裏に浮かんで


黒いクレヨンで絵を塗りつぶすように、その上にぐちゃぐちゃに線を引いた。


「あの日に、戻して_________。」


目の前のカケラが、自ら光を放ち出す。


あぁ、さよなら、


さよなら。


これでもっと 幸せになってね。野坂くん。


目の前の光が眩くて、私はゆっくりと目を閉じた。


さぁ、私を連れて行け。


あの日に私を、連れ戻せ。

魔法のお菓子→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (74 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
87人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もちまる。(プロフ) - すずさん» すずさん、コメントありがとうございます!感動して頂いたようで何よりです。応援ありがとうございます!ご期待に添えるようこれからも頑張っていきますね! (8月11日 20時) (レス) id: 03d75cb96c (このIDを非表示/違反報告)
すず(プロフ) - 今この作品を見終わったのですが、とっても感動致しました。野坂くんも過去に戻ってしまうというところがこんな展開他にはないな、という感動を覚えました。更新、頑張ってください!これからも応援させて頂きます! (8月10日 0時) (レス) id: b95394d06b (このIDを非表示/違反報告)
もちまる。(プロフ) - おみかんさん» おみかんさん、コメントありがとうございます!そんなことを言って頂けて、ほんっとうに嬉しいです。応援ありがとうございます!今後も頑張っていきますので、完結までお付き合い頂ければ幸いです! (8月5日 9時) (レス) id: 03d75cb96c (このIDを非表示/違反報告)
もちまる。(プロフ) - 姫菜さん» 姫菜さん、コメントありがとうございます!作品に入り込んでいただけだようで、とても嬉しいです。深くこの小説をお読み頂き、本当にありがとうございます!今後も是非楽しんでいただければ幸いです。更新頑張ります! (8月5日 9時) (レス) id: 03d75cb96c (このIDを非表示/違反報告)
もちまる。(プロフ) - めりさん» めりさん、コメントありがとうございます!前作から読んで頂いているんですね…!とっても嬉しいです。私も大好きいいいいいいこれからも是非お読みいただければ嬉しいです!!!!笑 (8月5日 9時) (レス) id: 03d75cb96c (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もちまる。 | 作成日時:2019年8月1日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。