占いツクール
検索窓
今日:198 hit、昨日:128 hit、合計:39,601 hit

may be…? ページ27

may be…?(霤朕鰺機濬轍大毅)
【はまだ】
ラジオの収録終わりで、たまたま空き時間が被ったしげと、映画を観に来てる。



「楽しみやなぁ」



「なんか緊張するわ」



しげの出てる映画をこうやって二人で観るのは初めて。



しげも緊張してるみたいやけど、実は俺も少し緊張してる。



七番スクリーンに入ると、平日の朝だからか人はまばら。



「ちょっと寂しいな…」


「まぁな。でもこんなこと滅多にないやろ」


「それもそうやな!」




お客さんが少ないことは確かに寂しいけど、大画面を二人占めるできるって考えたら少し嬉しくも感じる。




しげは念願のボクサー役に選ばれて、この映画の撮影中は減量とか、アクションとか、ほんまに大変なことがたくさんあったのを知ってるからこそ、より楽しみやねん。








上映が始まってしばらくすると、試合中に怪我をするシーンがあった。


思わず”あっ…”と声に出てしまいそうなほどリアルな演技。




昔から思ってた。

しげの演技って作ってる感じはないのにちゃんと役にはまってて、自然なお芝居ってこういうことを言うんやろうな、って。






「しげ、お前ヤバイな!」



「え、何がよ?」



終わって一番に言うたのは、それやった。



「何か、俺の知らんしげやったなぁ、思って」



「そう?」




ジュニアの頃の可愛いしげちゃんからもう随分と成長したんやなぁ。




「今までで一番難しかったかも」




「やっぱりそうなんや」




でもストイックなところとかは全然変わらへん。





こういうとこがしげの良さ、強みなんやろうな。

2→←5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (42 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
68人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , 重岡大毅 , 病系
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

この作品にコメントを書くにはログインが必要です   ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:葉邇児 | 作成日時:2020年4月6日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。