占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:61 hit、合計:20,204 hit
街灯も無く、真っ暗闇の中を歩いていました。





友人とついさっきまでお酒を飲んでいました。





家に帰って、すぐ寝る予定でした。



___




けど、今私の首には絞められている感覚があるので恐らく首輪が繋がれています。

手首は自由に動かせず、ぶつかると金属音がするので恐らく手錠が着いています。

視界は真っ暗で何も見えないので恐らく目隠しをされています。

床は冷たく、ザラついています。





「誰か、助けて‥‥!」








_______________

こんにちは、ゆーさんです。
最近とある漫画を買い集めていまして、その漫画の内容が個人的にはどストライクなのでその様な類のものを書けないかな、と突発的な気持ちで作ってしまいました。
もう1つと比べて話の内容はこちらの方が好きなので更新は早くなると思います。
どうぞ、暖かいめで応援宜しく御願いします。

またフラグを建てる程ではありませんが、多少過激になってしまう部分もありますので苦手な方は御閲覧控えて下さると有難いです。
文章は遠回しにし、不快な思いをさせないよう私側も気を付けさせて頂きます。執筆状態:更新停止中



















おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (44 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
224人がお気に入り
設定キーワード:浦島坂田船 , 歌い手 , ゆーさん

IMELOG IMELOGの「歌い手」関連 : 投稿する

違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆーさん | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年10月9日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。