占いツクール
検索窓
今日:25 hit、昨日:61 hit、合計:35,386 hit
.



『ねえ、』

「ん?」

『すき、』

「うん、」




僕を好きだという彼女は




「ねえ、」

『ん?』

「好きだよ、」

『っうん、』




すぐに涙を流す泣き虫だ。




「ほら、おいで」





これは、

泣き虫な彼女と僕の

何気ない日常の物語。




SoftBank HAWKS/A.Nakamura 7




※タイトル三秒後に死ぬ様より
※登場人物等はご本人様とは一切関係ありません。


Twitter @yurikago_xxx


(2019.1.22〜)執筆状態:完結



















































おもしろ度の評価
  • Currently 9.91/10

点数: 9.9/10 (65 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
152人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いちか(プロフ) - りりりさん» ありがとうございます!きゅんきゅんしましたかね?良かったです。結婚式や子どもが生まれた話など書いてほしいとのお話もいただいてますので検討中です◯ありがとうございました! (2月24日 0時) (レス) id: d72f7e0d49 (このIDを非表示/違反報告)
りりり - 更新を楽しみにしていた一読者です。ものすごくキュンキュンしながら読ませていただきました。家族となった2人のお話の続編も楽しみに待っております。 (2月22日 12時) (レス) id: a5ef03bd84 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いちか | 作成日時:2018年10月28日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。