占いツクール
検索窓
今日:248 hit、昨日:371 hit、合計:40,893 hit
TWICEを作成してるのに中途半端になるのではないか?と数週間悩みましたが載せようと思います

SEVENTEENの紅一点です。

☆内容に矛盾があるかもしれません
作者はK-POP大好きですが雑食傾向で好きなグループしか出ません。
大好きなグループでも全てを知っているわけではありません。
時間軸の違いや間違いがありますが気にしないでください。

⚠注意
☆下記が嫌な方は読まないで下さい

※紅一点が嫌、メンバーが紅一点のみに執着し、好きだったりするのが嫌な方
※なんでも出来るのが嫌な方
※取り扱ったグループの内容が間違ってる
※作者は、妄想好きですが、文章作成能力は皆無
※更新が遅い
※名前変換なし

☆皆さんにお願いしたいことがあります
続編に進んだ際に1つ目が現在作成中になってることがあります
現在作成しているTWICEでもあったのですが、意味もなく評価をして☆1や2をつけた方々がいます
そういうことをするなら、読まなくて結構です

※続編を作成する際にどうしても1つ表示させないと続編が残らないシステムなのでそうしてるんです。
読んでもないのに評価されるのだけは、本当に嫌な気持ちでした。
お願いします!執筆状態:連載中













































おもしろ度の評価
  • Currently 9.24/10

点数: 9.2/10 (46 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
276人がお気に入り
設定タグ:SEVENTEEN , BTS , 紅一点
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2022年5月23日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。