占いツクール
検索窓
今日:51 hit、昨日:64 hit、合計:23,989 hit

19 ページ22

華「どうしたの?」






“華の事を大切に思ってくれているのなら、華の幸せを願ってくれているのなら、何も言わず、華の前から、消えて行って欲しい。”






華「……裕太くん?」






華の優しい笑顔を見ると、辛くなった。





「ただいま!笑。………、また、寒いのに、外に出てたの?風邪引いちゃうよ。」







華「そろそろ、裕太くん、帰って来るんじゃないかなー?って、待ってたら、裕太くん、帰って来るんだもん、凄くない?」





「……笑。……そっ、……か、」






華「今日のお夕飯、なんだと思う?……、裕太くん?」





辛くなりすぎて、目が霞み、それを華に悟られないように、必死だった。







「…なんだろ。…寒ッ、あ、また降り出した、中に入ろ?笑」






華「……おじいちゃんになんか言われた?」





「……ううん、……たいした話じゃなかった。」





華「……それなら、良かった。」





「……うん笑」

20→←18



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (75 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
107人がお気に入り
設定キーワード:玉森裕太 , 北山宏光 , キスマイ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:流華 | 作成日時:2020年1月25日 6時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。