占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:27 hit、合計:17,391 hit

百三十五 ページ3

遥「…ん、うま」
一期「苺で正解でしょう?」
遥「果物のイチゴ美味い」
一期「ははっ、照れてるのですか?」
遥「照れてない」




今日の一期は頭がおかしい。

いつもよりテンションが高い。

どうした、なにかあったか。




一期「…うん、れあちーずもなかなかですな」
遥「マジか。想像出来ない」




レアチーズケーキのクレープ、アタシは見たことがない。




遥「1口頂戴」
一期「え?あ、はい」




一期の持ってるクレープを横からかぶりつく。

確かになかなか美味しい。




遥「ん、イチゴも1口いる?」
一期「…」
遥「…何、どうしたの」
一期「…いえ」




一期は黙って口元を手で押さえていた。

心做しか顔が赤い気がする。




一期「…貴方から間接きすをしてくるとは思わなくて…不覚にもときめいてしまいまして」
遥「…?…っ!?」




さっきアタシがしたことを思い出す。

体温が急上昇するのがわかった。




遥「…か、帰る!!」
一期「あぁ、待ってください!苺1口ください!」
遥「自分の指しゃぶってろ!」
一期「そんなつれないこと言わないでください!」
遥「うるさい!アホ!似非ロイヤル!ハゲろ!」
一期「ハゲません!」

百三十六→←百三十四



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (39 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
612人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 一期一振 ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年1月31日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。