占いツクール
検索窓
今日:80 hit、昨日:407 hit、合計:151,790 hit

百九十五話 ページ46

『…あなたまで、何言ってるの…』



ここに来ると、いつか、城を追われてジミンと離れ離れになってしまった日のことを思い出す。



JM「ジョングクを追ってください。

そして、あいつと生きてください。」

『、そんなことできるわけないでしょう!

それに、私がいなくなったらジミンはどうするのよ!?』

JM「…ソクジン陛下の側近になることになっています。」

『…、何よそれ!最初から決めてたの!?』

JM「あなたは、自分で自分のことがわからないんですか?」

『っ、』

JM「自由に生きてください。それが俺の願いです。」


優しく笑うジミンに、もう自分でもよくわからない感情が押し寄せて、息が苦しくなる。



『…私、ここを出ていくつもりないよ。』

JM「だめです。」

『嫌。』

JM「…、

わからずや!


あなたが出てけば実質俺は出世です!
だからとっとと出ていってください!」

『はぁ!?

ジミンなんて私がいないと何もできないくせに!』

JM「それはあなたでしょう!俺は別にA様がいなくなっても平気です!」

『!!

わかったわよ。そんなに言うなら出て行くわよ!!』

JM「…、」




キッと私をにらむジミンに背を向けて、待たせていた馬の元まで行き、門へ向かう。

後ろから強い視線を感じるけど振り向かない。








ジミンの馬鹿。

ひどいじゃない。












































ほんと、

演技が下手なんだから。









『、ジミン!』

JM「っ、」






耐え切れずに引き返し、勢いよく胸へ飛び込んだ私を、彼は受け止めてくれた。






『ジミン、

私、行くね。』

JM「…はい。」

『今まで本当にありがとう。

私なんかを側で支えてくれてありがとう!



私、あなたがいたからここまでやってこられたよ。』

JM「それは、

俺も同じです…、」



少しだけ震えているジミンの声に気づかないフリをして、彼を抱きしめる腕に力を込める。



JM「今日は、前の時みたいな別れじゃない。

また絶対に会えます。



いつでも俺は、あなたを待っています。」

『必ず。

会いに行くよ。』

JM「はい。」



顔を上げると、いつものように目を細めて笑うジミンに、私も笑顔を返す。

私の一番大好きな笑顔。




ずっと、大好きな人。















『ジミン、大好きよ。』




















JM「俺も、大好きです。


どうか、幸せに。

俺の一生で、
ただ一人だけの姫君。」

百九十六話→←百九十四話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (378 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1768人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , 韓ドラ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミロ(プロフ) - ふうちゃんさん» ふうちゃん様 恐れ多すぎるお言葉ありがとうございます( ; ; )少しでも心に届いたのならとても嬉しいです!(o^^o)昔のお話とかっていいですよね〜!愛情表現がまっすぐというか。そういうのが書いてて楽しかったです!素敵なコメントありがとうございました(^^) (10月9日 23時) (レス) id: 5bc7eaedbd (このIDを非表示/違反報告)
ふうちゃん - なんかこんなにすごい作品は見た事がないって言うかどうやったらこんなに人を感動させる物語が創れるんだろう?って思いました。私も昔のものとかが好きなのでほんとに言葉では表現できないくらい大好きです!やっぱ美しい恋の物語はどんなものでも輝いてますよね! (10月6日 10時) (レス) id: 53a2d88048 (このIDを非表示/違反報告)
ミロ(プロフ) - NAKOさん» NAKO様 素敵なお言葉をありがとうございます。長いお話なのに、全て読んでくださってとても嬉しいです!大好きだなんて…!まだまだの作者ですがとても励まされました!(^^)私もこのお話はいつか番外編を書きたいと思っているので、その時はよろしくお願いします! (10月2日 22時) (レス) id: 1aa4b97c0a (このIDを非表示/違反報告)
NAKO(プロフ) - 一気に最初から最後まで読ませていただいて泣かされました、、ミロさんの書くお話が大好きですこちらのお話に出会えてよかったという気持ちでいっぱいですしこんな素敵なお話をありがとうございます姫とグクのその後や番外編など見れたらとても嬉しいです(´;ω;`) (9月30日 7時) (レス) id: 945b78ea37 (このIDを非表示/違反報告)
ミロ(プロフ) - ひつじさん» ひつじ様 最上級のお言葉ありがとうございます(´;ω;`)ドキドキしながら書いた作品なのでそう言っていただけて本当に嬉しいです!(o^^o)そんなひつじ様が私も好きですっ!!映像化!!(笑)私の頭の中では出来てるのでなんとかフィルム作れないかと!!(笑) (9月23日 0時) (レス) id: 1aa4b97c0a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミロ | 作成日時:2019年8月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。