占いツクール
検索窓
今日:462 hit、昨日:349 hit、合計:156,473 hit

百七十二話 ページ23

背後から私を拘束する男の背中から聞こえた声。




ゆっくりと体が解放されて慌てて振り返ると、男の後ろから腕を回し、喉元すれすれのところに刃を当てがうジョングクがいた。








JK「お前はこの国の人間か?」

「あ、ああ…、」

JK「誰に頼まれてあの女と行動を共にしていた?」

「俺は!

金を積まれたからその分だけ働いただけだ!
詳しいことはしらん!」

TH「なら、なんで姫のことを知ってたの?」

「それは…」

『ジョングク、もう1人男がいたの!

おそらく私達の国の…
女官もそいつと一緒に…!』











「は、離してください!!」

JM「馬鹿言わないでよ。君を見つけるためにどれだけ苦労したと思ってるの?」


『ジミン!』





扉から入ってきた彼を見て驚く。

だって、彼の隣には…






…なぜ、あの日。
疑いもなく受け取った薬湯をお父様に飲ませてしまったのか。
後悔のあまり夢にまで出てきた…


あの女官がいたのだから。





『ジミン、その人と一緒に男はいなかった?』

JM「はい。外で見つけたのはこの者だけでした。」

『…そう。』




もう1人の男を捕らえられなかったのは残念だけど、


これで、当初の目的は達成された。


















JK「!

姫様、首の怪我は…っ」

『あ、これは…』


とっさに首元を抑えた私に、ジョングクの目の色が変わる。















ドカッ!!




















『ジョングク!?』

JM「おい!」






鈍い音が響いたかと思うと…

少し離れた床に、顔が変形するほど思い切り殴られた男が仰向けに転がっていた。












「ひっ!


や、やめてくれ!」

JK「黙れ。」









動けない男にまたがり、なおも殴り続けようとするジョングクに、驚いて固まっていた体をなんとか動かして彼の元へ駆けつける。










『ジョングク、やめて!

どうしたの!?』

JK「…、


こいつ、許せない、」

『駄目よ!

それ以上殴ったら死んでしまうかもしれない!』

JK「あなたを傷つけたんですよ?
死んで当然です。」

『馬鹿!!』

JK「っ」







背後から思い切り抱きついた私に、やっと手を止めたジョングクに手が少し震える。








『死んで当然とか…そういうこと言わないでよ。』

JK「…」

『私は大丈夫だから。

女も捕らえられたし。






…帰れるよ…ジョングク。



帰ろう、私達の国に。』












JK「…、




はい。」

百七十三話→←百七十一話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (393 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1756人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , 韓ドラ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Agust d(プロフ) - この作品のなかで本当にジミンさんは男らしくて、一番大好きな存在です。 続編のようなものが出るのを楽しみにしています! これからも更新ファイティンです♪ (4時間前) (レス) id: fea73733b9 (このIDを非表示/違反報告)
Agust d(プロフ) - 皆が幸せになったはずなのに、そうじゃない気がして心が締め付けられました。 テヒョンさんとの別れやグクとの再会のシーンでは私の涙は、ギリギリ耐えていましたが、終幕のジミンさんの言葉にやられました (4時間前) (レス) id: fea73733b9 (このIDを非表示/違反報告)
ミロ(プロフ) - ふうちゃんさん» ふうちゃん様 恐れ多すぎるお言葉ありがとうございます( ; ; )少しでも心に届いたのならとても嬉しいです!(o^^o)昔のお話とかっていいですよね〜!愛情表現がまっすぐというか。そういうのが書いてて楽しかったです!素敵なコメントありがとうございました(^^) (10月9日 23時) (レス) id: 5bc7eaedbd (このIDを非表示/違反報告)
ふうちゃん - なんかこんなにすごい作品は見た事がないって言うかどうやったらこんなに人を感動させる物語が創れるんだろう?って思いました。私も昔のものとかが好きなのでほんとに言葉では表現できないくらい大好きです!やっぱ美しい恋の物語はどんなものでも輝いてますよね! (10月6日 10時) (レス) id: 53a2d88048 (このIDを非表示/違反報告)
ミロ(プロフ) - NAKOさん» NAKO様 素敵なお言葉をありがとうございます。長いお話なのに、全て読んでくださってとても嬉しいです!大好きだなんて…!まだまだの作者ですがとても励まされました!(^^)私もこのお話はいつか番外編を書きたいと思っているので、その時はよろしくお願いします! (10月2日 22時) (レス) id: 1aa4b97c0a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミロ | 作成日時:2019年8月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。