占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:31,757 hit

二十七話 ページ33

〜おそ松side〜


お『ほほぉ、とうとうドライモンスターが進化したか、で?それで勝てると思ってるの?兄ちゃんたちなめすぎじゃない?手荒な真似はしたくないんだよね
痛い目に遭いたくなかったら妹たち返してもらおうかドライモンスター』

ト『え〜やだよ、せっかく僕のものにしたのにとられるなんてヤダそれくらいならとられる前に妹たちを
“殺した方がまし”なんだけど』

カ『いい加減諦めろトド松、妹たちは絶対に返してもらう』

ト『へぇ〜、イタイ奴に何が出るんやら』

結構なめてるなコイツまあ、本心ではないと思っとこ

十『トッティ...』

トド松は顔を下に下げて明らかに悲しそうな顔をする十四松を見てにっこり笑う

ト『十四松兄さん、僕に暴力ふるうの嫌だよね』

十四松はこくんとうなずく

ト『そうだよね僕も振るわれるの嫌だよ
だから

”ここで死んで?“』

バンッバンッバンッ

発泡!

お『十四松!』

こいつ!十四松を騙して!

十四松めがけて弾丸が飛び込む

ドンッ!

十四松は弾かれ床に倒れる

カラ松!!!

カラ松は十四松の身代わりになって弾丸が体に打ち込まれる

その衝撃で床にたおれこむ

お『カラ松!!!』

カ『ぐっ!』

カラ松からは赤い血が流れ出てくる

十『カラ松兄さん!』

ト『あははっ!!ばっかだねぇ弟かばって怪我するなんて』

カ『十四松今のうちにトド松を殴れ...』

おいこいつこんなときにとんでもねぇこと言うなこいつやっぱりサイコパスじゃねぇか

十『フルスイング!!』

ごぉん!!

うわっこれ絶対痛い奴じゃん!

トド松大丈夫か

見ると顔が真っ青になってた

コイツらと一緒で俺は大丈夫なのだろうか

俺は別の恐怖でからだから寒気を感じたのだった

二十八話→←二十六話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (40 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
44人がお気に入り
設定キーワード:ヤンデレ , おそ松さん , ハッカー松
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

一松girl(*`・ω・)ゞ!(プロフ) - おそ松(笑)誕プレがアニマルのDVDとか(笑) (2018年6月2日 13時) (レス) id: 091e10f36d (このIDを非表示/違反報告)
リィーカ(プロフ) - Rinku*さん» いえいえw体調に気を付けてくださいね♪ (2018年5月21日 17時) (レス) id: ac09c86b8b (このIDを非表示/違反報告)
Rinku*(プロフ) - リィーカさん» ありがとうございます!!m(。≧Д≦。)m←すごく嬉しいです(^-^) (2018年5月21日 16時) (レス) id: cac290b490 (このIDを非表示/違反報告)
リィーカ(プロフ) - すっごく面白いです!これからもがんばってくださいね〜 (2018年5月21日 16時) (レス) id: ac09c86b8b (このIDを非表示/違反報告)
Rinku*(プロフ) - 評価とお気に入り登録ありがとうございます(^-^) (2018年4月16日 16時) (レス) id: cac290b490 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:願陰響音 x他1人 | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/  
作成日時:2018年2月20日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。