検索窓
今日:94 hit、昨日:63 hit、合計:128,760 hit
真夏の太陽のように私の胸はじりじりと焼けこげる。

君の優しさは春の陽だまりのように心を温かくする。

真冬の寒さに太陽のぬくもりだけを求める。

空の色も自在に変えていく夕日。




大学の同期 純喜くん
たまに彼氏の瑠姫、たまに友達の景瑚



東京出身のため方言がへたくそですので、ご了承ください。
同姓同名の別人のお話で、実在する個人とは何の関係もございません。執筆状態:連載中





















 




 
 
 
 



 
 

 
 
 
 
 
 


おもしろ度の評価
  • Currently 9.96/10

点数: 10.0/10 (227 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
791人がお気に入り
設定タグ:JO1 , 河野純喜 , 佐藤景瑚
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ふふ | 作成日時:2021年4月20日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。