占いツクール
検索窓
今日:63 hit、昨日:291 hit、合計:114,846 hit

25。 ページ26

A視点


今日は金曜日。
部活が忙しくなかった俺は、宿題をほったらかしにしてごろごろしていた。

すると、

ドアをノックする音と、
失礼致します、という声が聞こえた。

『入ってどうぞー』
そう返事して起き上がり、ベッドのふちに座る。
何か用事があったのかな。

部屋に入ってきた及川さんに、隣に座るよう促して、
『何か用事ですか?』
と尋ねる。やっぱり及川さんは年上だし、敬語がなかなか抜けない。

そんな俺に、
「敬語なんて使わなくていいんですよ?」
と言って微笑み、及川さんは言葉を続ける。

「先日、透磨くんにお話を聞いたんです」

『……透磨に?』

何の話だろう。



でもその次の瞬間、俺の頭を、殴られたような衝撃が襲った。

「透磨くん、言ってたんです。

___兄貴なんか大っ嫌いだ、兄弟じゃなければよかったのに。本当に最悪。

って。
心当たり、在りませんか?」

……え、


……どうして?





憐哉(執事の人)視点


Aくんは傷ついたのか、顔をひどく歪ませた。

予想通りの反応だったけど、こんな嘘に引っ掛かっちゃうなんて。
でも、まるで疑うことを知らなかったのは、流石に予想外だったかな。

……あーあ、なんかもう泣きそうな顔。

そんなに嫌われたくないの?

ちょっと、嫉妬しちゃうんだけど。


でも、知ってるんだよ?


Aくんが、弟なんかに恋してることも。


邪魔しなければ、このまま二人は両思いになっちゃうってことも。



まあ、俺が邪魔するんだけどね。

26。→←24。


作者のおすすめ属性(((

玩具(知ってる人は大人←よい子にはまだ早いよ!)


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (147 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
302人がお気に入り
設定キーワード:BL , オリジナルBL , 男主   
作品ジャンル:恋愛, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もくら - 眼帯魔さん» ( °д°)<ファッ?] ……( °Д° )<ハッ!] あああああ返信!遅れてごめんなさい!!こんな最低な作者の作品を見てくださっていたなんて……!ありがとうございます!!( ところで殿堂入りってなんですか…←知らない) (9月18日 11時) (レス) id: 4255ec5c57 (このIDを非表示/違反報告)
眼帯魔(プロフ) - 言い忘れていましたが殿堂入りおめでとうございます! (9月10日 15時) (レス) id: eff5283ed6 (このIDを非表示/違反報告)
眼帯魔(プロフ) - とても面白かったです!ごちそうさまでした((←腐 これからも応援してます!執事さん好きですw (9月10日 15時) (レス) id: eff5283ed6 (このIDを非表示/違反報告)
もくら - お星様が赤いだと!たった今気付きました……!(遅い)皆様、たくさんのお気に入り登録や評価、本当にありがとうございます! (5月12日 6時) (レス) id: 4255ec5c57 (このIDを非表示/違反報告)
もくら - こまちミントさん» 返信遅くなってごめんなさい!最近なかなか更新できてなくて申し訳ないです……。更新ペースはのろまですが、今後も見てくだされば嬉しいです! (5月11日 15時) (レス) id: 4255ec5c57 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もくら | 作者ホームページ:ありません(キリッ  
作成日時:2017年2月20日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。