占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:571 hit、合計:103,560 hit

10話 ページ10

.

様々なダメージを突然くらい、身構えていなかった私はすっかり意気消沈だった。


「お前、そない俺の事嫌いやってんか」
「そうだね、よく分かってんじゃん」
「あー傷ついた、明日もAの飯食わんと立ち直られへん」


グダグダとソファーに寝転がる私をつま先でつつく鬱くんに「触んないで、変態」と中学生のような悪口で反抗してみても、当本人はクスクスと笑うばかり。これは、馬鹿にされている。

しばらく鬱くんの足から逃れようと画策する作業に勤しんでいれば、不意に鬱くんは呟いた。


「A、彼氏ほしなったん?」
「常にほしいよね」
「、ふーん」


咄嗟に嘘八百を言う私も大概何を考えているか分からなかったけど、「せやんな、」と言ったきり、すっと体勢を戻して足でのじゃれ合いを停戦した鬱くんも何を考えているのか読み取れなかった。

不意に解けた感触と体温の余韻を身体に残しつつ、身を起こした私はぼんやりと遠くを見ている鬱くんの次の言葉を待ってみるも、特に口を開く様子もない。


昔からの付き合いが故に、沈黙を割くためのテレビなどを付ける習慣のない私たちは、この妙な空気を打開する策を知らなかった。

居心地が悪い時は、逃げるが勝ち。
先手必勝とばかりにソファーを下りて、洗濯機でも回そうとこんな夜更けに突拍子もないことを思い、立ち上がった。


「なぁ、待ってや」


肩が跳ね上がった。

グッと掴まれた手首に私は当然立ち止まらざるを得なくなり、鬱くんを振り返ったわけだけど。


「な…なに、」
「ふふ。なんやと思う?」


知るか、といつもの調子でつっけんどんな返しをしようとしたものの、何故か口が開かない。あぁそうか、これが空気を読むということか、と1人納得。いや、そんなことはどうでもいい。

なんやと思う?なんて読み取れないことを言って笑う鬱くんの視線は私の顔で固定されたままだったし、当然のように手首だって握られたままだった。


「……なんでしょう?」
「えー?ほんまに分かれへんの?まじ?」


嘘やん、とでも言いたげな表情に変わったその顔に私も眉を寄せる。私に小難しい事を要求しないでくれと。


そして、『いつも通り』から脱却した雰囲気を作らないで、と。
私は、その空気を打開する策を知らないんだから。

11話→←9話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (220 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
548人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , ut , 我々だ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

おいちこ(プロフ) - 完結おめでとうございます&ありがとうございますっ!!凄い、素敵でした...2人が幸せに結ばれて、私も幸せですぅ...ニヤニヤ止まんなかったですぅ...新作も読ませていただきますぅぅ...!!!!更新、頑張ってください!! (4月25日 13時) (レス) id: 5a28085a2a (このIDを非表示/違反報告)
やち(プロフ) - 完結おめでとうございます!生活感のある日常に散りばめられたもどかしさと時々挿まれるドキッとする描写のバランスがたまらず、更新のたびにとても楽しく読ませていただきました。ゆららさんのsyp君がまた素敵で転がるほど好きでした…!次回作も楽しみにしています! (4月25日 6時) (レス) id: 6f58a85157 (このIDを非表示/違反報告)
椿(プロフ) - かげでこそこそと見させて頂いておりました。なんとも言えない大人のもどかしさがまた純愛のようなものが感じられてとても良い作品でした。完結おめでとうございます。 (4月25日 2時) (レス) id: bbf23e1c65 (このIDを非表示/違反報告)
おいちこ - 更新、頑張ってください!!陰ながら応援してます...!!長文、連続コメ失礼いたしました...。 (4月24日 11時) (レス) id: 5a28085a2a (このIDを非表示/違反報告)
おいちこ - くっつき方が他の作品とかでは見ない流れですね...若干もやもやはするものの、キュンキュンして、やっとくっついたぁ...って思えます!何か、ちゃんと告って、っていうよりかは、サラッと気持ち伝えて、ぬるっと付き合った感じ...(語彙力皆無)とても面白くて好きなんで (4月24日 11時) (レス) id: 5a28085a2a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆらら | 作成日時:2020年3月22日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。