占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:106 hit、合計:104,830 hit

2話 ページ2

.

数分後、お皿を洗いながら1人考える。
今や彼氏の1人も居ないのに、私は一体何をやっているんだろうと。


でかい顔(否物理)でこの家に居座るあの男、基鬱くんは、幼少の頃からの幼馴染だった。
当たり前のように小中高を共に過し、果ては大学まで同じ場所に通い、そして今、社会人になってようやく離れられたと思ったらこのザマだった。

辛うじて別々の会社に就職したものの職場間の距離はほど近いし、一人暮らしを始めたアパートだってそう遠くない距離感だった。が、そこまではまだ許せた。

その″辛うじて″の距離感をぶち壊すが如く私のパーソナルスペースにいとも容易く侵入してくる鬱くんは、私が『幼馴染離れ』しようとしてることを知ってか知らずか、いつも当たり前のように私の家を尋ねてくる。

その結果、私は今日もまた彼に対し要らぬボランティアを働いてしまった。

いい加減ガツンと言わなければ私は鬱くんのせいで彼氏の1人も出来やしないだろうし、今は良くても今後を考えれば困る。


お皿を拭きつつため息が零れる。
違う。私だってただご飯を振る舞うくらいなら別にこれほどまで文句も言わなかった。


″ご飯を食べてさっさと帰ってくれるなら″幼馴染の彼に『男女の友情は存在するのだろうか』なんて疑問は生まれなかった。


「A、シャンプー切れそうやったで」
「やめてくれる?高いやつなんですけど」


いや、シャンプーの値段などこの際どうでもいい。彼が私のシャンプーを使っていることも今はとりあえずスルーするとして、問題はそこじゃない。


「………もう、なんで泊まる気満々なわけ?」


うちに置きっぱなしのスウェットと、何セットか置いてある下着類、果ては歯ブラシまで。

泊まる気満々というより、もう言ってしまえば『半同棲』状態だった。


「だって、居心地最高やねんもん」


だからその顔をやめろと言っているのに!
私はその溶けた笑顔に弱いと何度言ったら!


心の中でブツブツと文句を垂れつつその顔から俊敏に目を逸らした。

『居心地最高』などと言われてしまえば悪い気分もしない。寧ろ喜んで頂けてよかったです、と満更でも無い事を思ってしまうのだ。あの顔を見てしまうと。


昔からそうだった。私は鬱くんの全てに甘かった。今だって彼に対し、自分になんのメリットもない退勤後の落ち着く場所提供のボランティアを働いてしまうくらいには彼に心を許していた。それは、『面倒な幼馴染』を放っておけない私の弱みだった。

3話→←1話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (220 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
551人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , ut , 我々だ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

おいちこ(プロフ) - 完結おめでとうございます&ありがとうございますっ!!凄い、素敵でした...2人が幸せに結ばれて、私も幸せですぅ...ニヤニヤ止まんなかったですぅ...新作も読ませていただきますぅぅ...!!!!更新、頑張ってください!! (4月25日 13時) (レス) id: 5a28085a2a (このIDを非表示/違反報告)
やち(プロフ) - 完結おめでとうございます!生活感のある日常に散りばめられたもどかしさと時々挿まれるドキッとする描写のバランスがたまらず、更新のたびにとても楽しく読ませていただきました。ゆららさんのsyp君がまた素敵で転がるほど好きでした…!次回作も楽しみにしています! (4月25日 6時) (レス) id: 6f58a85157 (このIDを非表示/違反報告)
椿(プロフ) - かげでこそこそと見させて頂いておりました。なんとも言えない大人のもどかしさがまた純愛のようなものが感じられてとても良い作品でした。完結おめでとうございます。 (4月25日 2時) (レス) id: bbf23e1c65 (このIDを非表示/違反報告)
おいちこ - 更新、頑張ってください!!陰ながら応援してます...!!長文、連続コメ失礼いたしました...。 (4月24日 11時) (レス) id: 5a28085a2a (このIDを非表示/違反報告)
おいちこ - くっつき方が他の作品とかでは見ない流れですね...若干もやもやはするものの、キュンキュンして、やっとくっついたぁ...って思えます!何か、ちゃんと告って、っていうよりかは、サラッと気持ち伝えて、ぬるっと付き合った感じ...(語彙力皆無)とても面白くて好きなんで (4月24日 11時) (レス) id: 5a28085a2a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆらら | 作成日時:2020年3月22日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。